本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年3月18日(月)午後

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

貨物検査特別措置法に基づく提出命令を発出した件について

 本日、貨物検査特別措置法に基づき、北朝鮮を仕出地とする第三国向けの海上貨物について、税関による提出命令を発出したところであります。本件は、昨年8月、東京港に寄港したシンガポール船籍の貨物船から陸揚げされた貨物の中に、北朝鮮から中国・大連経由で輸送された核関連物資であると疑われる貨物があったことから、必要な検査を実施した結果、核関連物資として規制されているアルミニウム合金の棒であることを確認したものであります。今般の提出命令は、核関連物資に対し、貨物検査特別措置法を初めて適用したものである。このことは、我が国が、国連安保理決議に基づく対北朝鮮制裁を着実に実行していることを示すものであります。今後とも北朝鮮が関与する貨物については、国連安保理決議や貨物検査特別措置法の趣旨に則り、政府として厳正に対処してまいる所存であります。本件の詳細については、財務省及び外務省にお尋ねをいただきたいと思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.