本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年3月19日(火)午後

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

対北朝鮮金融制裁に関する日米間協議及び協力確認について

 2月の日米首脳会談において、北朝鮮に対する制裁について、日米間で協力をしていくことで一致したことを受けて、日米財務当局間で協議してきたところでありますけれども、本日、来日したコーエン米国財務次官等と関係省庁が意見交換を行い、金融制裁に関する日米間の一層の協力を確認をいたしました。意見交換の中で、米国からは、先般発表した米国独自の追加措置を含め、さらに我が国として米国の追加措置も踏まえ、早急に措置をするべく、手続を進めていくことになることを説明をいたしました。先般の安保理決議2094号の履行については、我が国としては、同決議を受けた金融面の措置や、ヒト・モノの移動に対する制限措置等について、可能なものから速やかに実施するとともに、その他の分野の措置についても順次実施する方向で手続を進めているところであります。我が国としては、国際社会に対しても決議の着実な全面的な履行を求めていく考えであります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.