本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年3月26日(火)午前

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等4件と政令、人事が決定をされました。大臣発言として、稲田大臣から、「国家公務員の雇用と年金の接続について」、総務大臣から、「国家公務員の新規採用の方針について」、「国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく報告について」、外務大臣から、「2012年版政府開発援助(ODA)白書について」、それぞれ御発言があり、私(官房長官)及び国土交通大臣から、「観光立国推進閣僚会議の開催について」それぞれ申し上げ、総務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、農林水産大臣、経済産業大臣、国土交通大臣及び環境大臣から、「独立行政法人の長の人事について」、それぞれ御発言がありました。

最高裁判事の人事について

 本日の閣議で決定した最高裁判事の人事について申し上げます。田原睦夫最高裁判事が定年退官されることに伴い、その後任としてお手元に配布のとおり、弁護士 木内道祥氏を最高裁判事として任命することと決定をいたしました。

中央防災会議について

 第32回中央防災会議の開催についてであります。本日、閣議前に安倍政権となって初めての中央防災会議を開催いたしました。今回の会議では、「防災対策実行会議」の設置、「平成25年度総合防災訓練大綱」について決定をされました。特に、今回設置をされ、私(官房長官)が座長を務めることになりました「防災対策実行会議」につきましては、防災対策に係る省庁横断的な課題を議論し、実行に結び付ける会議体であり、関係省庁の積極的な御協力をお願いしたところであります。また、災害対策法制の見直し、南海トラフ巨大地震対策及び首都直下地震対策の検討状況について報告がありました。これについては、引き続きしっかり議論を進め、更なる防災対策の充実・強化につなげてまいりたいと考えております。

観光立国推進閣僚会議について

 観光立国推進閣僚会議についてであります。本日の閣議におきまして、観光立国を実現するための施策について、関係行政機関の緊密な連携を確保し、その効果的かつ総合的な推進を図るため、内閣総理大臣が主宰をし、全閣僚で構成をする「観光立国推進閣僚会議」を開催することについて了解をされ、閣議後に第1回会議が開催をされました。会議においては、冒頭総理から、成長戦略により力強い日本経済を立て直し、近隣諸国以上に魅力あふれる観光立国に向けて、強力に施策を推進するため、政府一丸となって取り組むとのご挨拶がありました。その後、今後の取組みについて、国土交通大臣が中心となって、夏を目途にアクションプログラムを策定すること等を確認をいたしました。

 

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.