本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年7月22日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件2件と条約の交付、政令、人事が決定されました。大臣発言として、森大臣から「薬物乱用対策推進会議の実施結果について」、古屋大臣及び厚生労働大臣から「いわゆる『脱法ドラッグ』の乱用の根絶のための緊急対策について」、それぞれ御発言がありました。

武田防衛副大臣の古川佐賀県知事への表敬について

 本日、武田防衛副大臣が佐賀県を訪問し、9時から古川佐賀県知事を表敬いたしました。防衛副大臣からは、知事に対して、陸上自衛隊のティルト・ローター機、いわゆるオスプレイの部隊等を佐賀空港に配備させていただきたいこと、併せて、市街化が進む目達原駐屯地に配備されているヘリコプターについても、佐賀空港に配備したい旨お伝えをいたしました。さらに、沖縄の負担軽減のために、米海兵隊に佐賀空港を利用させることも政府として視野に入れていることを説明し、御理解と御協力をお願いをいたしました。特に、沖縄の負担軽減については、沖縄県の仲井眞知事が「普天間飛行場の5年以内の運用停止」、これを求められております。米軍の運用の話なので断定的に申し上げることは出来ませんが、沖縄県の要請に応えるために、暫定的に辺野古が完成するまで佐賀空港を利用させていただくことも、米側の理解を得ることができれば、検討してまいりたいと考えます。政府として、佐賀県の地元の方々の理解を得られるよう、誠心誠意対応させていただくとともに、佐賀空港の利用にあたっての騒音や安全対策についても、地元の方々に不安を抱かせることのないように、万全を期してまいりたい、このように考えてます。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.