本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年8月5日(水)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

バイデン米副大統領との電話会談について

 本日、8時30分から約30分間、安倍総理大臣はバイデン米副大統領との間で電話会談を行いました。概要は以下のとおりです。
 オバマ大統領の命を受けて、バイデン副大統領より安倍総理に対して、米国家安全保障局による通信記録の収集問題に関して詳細な説明があり、バイデン副大統領より、オバマ大統領ともども、本件が日本において大きな議論を呼んでおり、安倍総理及び日本政府に御迷惑をおかけしてることを大変申し訳なく思う、そういう趣旨がありました。
 これに対して、安倍総理より、仮に日本の関係者が対象となっていたことが事実であれば、同盟国の信頼関係を揺るがしかねないものであり、深刻な懸念を表明せざるを得ない、そういう旨を述べ、調査の上、結果を日本に説明するよう求めております。
 これに対してバイデン副大統領より、2014年にオバマ大統領が発出した大統領令、これを踏まえて、現在、米政府は日米同盟の信頼関係を損なう行動は行ってない旨の説明がありました。さらにバイデン副大統領より、現在直面する共通の利益に対する様々な脅威にかんがみ、既に強固な日米同盟協力関係を一層強化していきたい旨がありました。
 これに対して安倍総理より、日米同盟の信頼関係が重要である旨改めて指摘し、そのためにも適切な対応が必要である旨、日米間で議論を継続していく、このことで一致をいたしました。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.