本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年3月11日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等19件と条約の公布、法律案、政令、人事が決定されました。大臣発言として、復興大臣から「『復興・創生期間』における東日本大震災からの復興の基本方針について」、外務大臣から「2015年版開発協力白書について」、それぞれ御発言があり、私(内閣官房長官)から「第190回国会(常会)における内閣提出予定法律案及び条約の閣議付議状況等について」申し上げました。

東日本大震災五周年追悼式の開催等について

 本日、3月11日、東日本大震災から5年を迎えました。改めて、お亡くなりになりました方々の御冥福を慎んでお祈りいたしますとともに、御遺族の皆様や、今なお避難生活を送っておられる方々に心よりお見舞いを申し上げます。本日、午後2時30分から国立劇場におきまして、天皇皇后両陛下並びに各界代表の御参列を得て、政府主催の追悼式を開催をすることとなっております。

原子力関係閣僚会議について

 本日の閣議前に、原子力関係閣僚会議を開催をし、全国知事会からの提言にこたえる形で「原子力災害対策充実に向けた考え方」を決定をいたしました。全国知事会から山田知事、泉田知事に御参加をいただき、実働部隊の協力など3点について御指摘をいただきました。今後、官邸主導で関係省庁を束ねたチームを作り、自治体とも協力して、具体化をしてまいります。引き続き、更なる具体化、改善を目指し、関係閣僚一丸となって、原子力災害対策の充実に取り組んでまいります。

中央交通安全対策会議について

 交通安全基本計画に関し、申し上げます。本日の閣議の前に開催された中央交通安全対策会議において、平成28年度から5か年計画期間として、平成32年までに道路交通における交通事故死者数を2,500人以下とするなどの目標を掲げた「第10次交通安全基本計画」を決定をしました。交通事故による犠牲者を可能な限り減らすべく、政府一体となって交通安全対策に取り組んでまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.