平成28年7月5日(火)午前 | 平成28年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ

本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年7月5日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

バングラデシュ・ダッカにおける襲撃事案について(8)(萩生田光一内閣官房副長官)

 本日朝、7名の御遺体及び御家族が搭乗された政府専用機が日本に戻ってまいりました。私(官房副長官)は、岸田外務大臣と共にお出迎えをし、亡くなられた方々に対して献花をさせていただきました。政府としては、総理の指示の下、最善の努力を尽くしてまいりましたが、国際協力の最前線で尽力されてきた方々が、残虐非道なテロによって尊い命を奪われたことは痛恨の極みであります。
 先ほど、バングラデシュにおけるテロ事案に関する関係閣僚の会合を開催し、政府全体として、犠牲になられた方々の御冥福を祈り、黙とうを捧げたことは御存じのとおりであります。また、国外で不慮の犯罪被害に遭われた方については、先の国会で成立した「国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律」がいまだ施行に至っていないので、総理の御指示により、政府として、同法の趣旨を踏まえ、特別な弔慰金を支給することとし、早急に作業を進めることにいたしました。
 これまで、この場でも述べてきたとおり、御家族の皆様のお気持ちを最優先に考えて、犠牲者の方々の氏名の公表を差し控えてきたところですが、昨日現地で御家族が御遺体を確認され、本日朝に政府専用機で御家族と共に帰国されたことから、政府の責任の下で、既にお知らせしたとおり、氏名を公表することといたしました。あわせて、帰国された御家族の皆様から、できるだけ静かな環境で暮らしたいとの要望が多く寄せられているところ、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。
 いかなる理由であれ、テロは決して許されるものではなく、改めて断固として非難します。日本は、テロに屈することなく、国際社会と連携しながら、今後とも我が国としての役割を果たしてまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.