本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年9月16日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件6件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、農林水産大臣から「バイオマス活用推進基本計画の変更について」御発言があり、私(官房長官)から「栄典授与の中期重点方針について」申し上げ、総務大臣から「平成28年度震災復興特別交付税の9月交付について」及び「有料老人ホームの運営に関する行政評価・監視の結果について」、加藤大臣から「平成28年秋の全国交通安全運動及び交通事故死ゼロを目指す日の実施について」、国家公安委員会委員長から「平成28年秋の全国交通安全運動の実施について」、外務大臣から「シリア危機における人道状況改善のための緊急無償資金協力について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、それぞれ御発言がありました。

栄典授与の中期重点方針について

 栄典の運用の見直しについては、私(官房長官)の下で、有識者による「時代の変化に対応した栄典の授与に関する有識者懇談会」を開催をし、本年5月26日に提言をいただいたところです。この提言を受けた当面5年程度の政府方針として、本日、「栄典授与の中期重点方針」を、閣議了解をいたしました。本方針は、栄典授与に関し、今後5年程度の間に重視していく分野や事務の見直しについて定めるものであります。私から、先ほどの閣議の場で、各閣僚に対し、今後、これを踏まえて栄典候補者の推薦を行うようお願いをしたところであります。

大臣補佐官の人事について

 9月16日付け大臣補佐官の任命についてであります。本日16日付けで、山本幸三内閣府特命担当大臣の大臣補佐官として、大阪学院大学教授の三輪芳朗氏を任命することといたしました。三輪氏は、東京大学経済学部教授や統計審議会委員等を歴任され、統計と経済に関し広範な識見・経験を有しておられます。三輪大臣補佐官は、地方創生の一段の推進、そして行政改革という二つの観点からの経済統計の見直しに関する重要政策を担当していただくことになります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.