本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年11月15日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等20件と、法律の公布、政令、人事を決定しました。大臣発言として、経済産業大臣及び安倍総理大臣から「2025年国際博覧会の大阪誘致に係る関係省庁への協力依頼について」それぞれ御発言があり、私(内閣官房長官)から「海外出張不在中の臨時代理等について」申し上げました。

高齢運転者による交通事故防止対策に関する関係閣僚会議について

 本日、閣議前に、「高齢運転者による交通事故防止対策に関する関係閣僚会議」を開催をいたしました。会議では、このところ高齢運転者による交通死亡事故が相次いで発生していることを踏まえ、総理から、認知症のおそれがある高齢運転者に医師の診断を義務付けるなど、認知症対策を強化して、改正道路交通法が来年3月から施行されることから、その円滑な施行に万全を期すこと、自動車の運転に不安を感じる高齢者の移動手段の確保など、社会全体で高齢者の生活を支える体制の整備を図ること、また、一連の事故を80歳以上の方が引き起こしたことも踏まえ、更なる対策の必要性について、専門家の意見を聞きながら検討を進めること、この3点についての指示がありました。本日の総理の指示を踏まえ、高齢運転者の交通事故防止対策に、政府一丸となって取り組んでまいります。

南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更について

 本日、国家安全保障会議の九大臣会合の審議・決定を経た後、閣議におきまして、南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更等が決定されました。これにより、国際連合南スーダン共和国ミッションへの自衛隊施設部隊に、いわゆる駆け付け警護の任務が付与されることになりました。また、閣議決定事項ではありませんが、この度政府としては、自衛隊施設部隊に宿営地の共同防護の任務も付与する判断を行いました。お手元に、「新任務付与に関する基本的な考え方」という資料をお配りしております。政府の立場はこれに記載のとおりであります。なお、これまでの活動実績を踏まえ、防衛大臣の命令により第11次隊から南スーダンにおける活動地域を「ジュバ及びその周辺地域」に限定をします。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.