平成30年6月18日(月)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

大阪府北部を震源とする地震について(2)

 本日7時58分頃、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。これまでに把握している人的被害は、死者2名、心肺停止1名、負傷者20名であります。死者は、高槻市寿栄(じゅえい)小学校で女の子1名、東淀川区で男性1名です。心肺停止は、茨木市で男性1名です。交通機関については、鉄道で新幹線、在来線で運行休止が生じているほか、一部の高速道路で通行止めが生じております。また、既に停電は解消されましたが、引き続き、ガス、水道などのライフラインが一部の地域で使用できない状況になっており、災害応急対策に全力で取り組んでおります。なお、高浜発電所、大飯発電所を始めとする原子力施設において、現在、被害の情報は入っておりません。政府としては、地震発生後、直ちに官邸対策室を設置し、関係省庁の局長級による緊急参集チームにおいて情報収集に当たるとともに、総理からの指示に基づき、人命第一に、被害状況の把握、被災者の救命、救助等の災害応急対策、国民への情報提供に全力で取り組んでいるところであります。今後、強い揺れを伴う余震が発生する可能性があります。揺れが大きかった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意してください。特に、今後2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあります。揺れが大きかった地域の皆様は、自治体などの避難情報のほか、ラジオ・テレビなどの情報にも注意し、お互い助け合い、落ち着いて行動していただくようお願いいたします。

関連リンク