首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 旧官邸バーチャルツアー
[メニューページ]
[導入編] [1階北側編] [1階南側編] [2階正面階段編]
[2階西階段編] [装飾品編] [官邸の外側編] [官邸別館・その他編]
装飾品編
ミミズク > カエルと猫 > 美術館(1) > 美術館(2)
ミミズク 〜官邸の「番人」…・ミミズクの秘密〜
総理官邸の屋上にある国旗掲揚台の四面に飾られたミミズク
総理官邸の屋上にある国旗掲揚台の四面に飾られたミミズク
写真1 総理官邸の屋上にある国旗掲揚台の四面に飾られたミミズク 写真2 総理公邸の屋上に飾られたミミズク
 総理官邸の屋上には、4羽のミミズクがとまって、四方に目を光らせていました。官邸が建設されてからずっとそこにいますので、まさに官邸の生き証人、といってもこれは石の彫刻です。
 ミミズクはローマ神話に登場する知恵と武勇の女神、ミネルバの使いで、知恵の象徴として官邸の役割を表しているともいわれています。また夜行性なので不寝番として総理を守っているという説などもあります。
 総理の住まいである総理公邸の屋上にも、少しデザインが違うミミズクが4羽いたことから、いつの間にか官邸のシンボル的な役割を果たすようになりました。
 首相官邸ホームページの中でも、官邸の知恵のシンボル、ミミズク博士が登場しています。
「カエルと猫」
次へ