首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 旧官邸バーチャルツアー
[メニューページ]
[導入編] [1階北側編] [1階南側編] [2階正面階段編]
[2階西階段編] [装飾品編] [官邸の外側編] [官邸別館・その他編]
官邸別館・その他編
別館 > 記者会見室 > 写真室 > 公邸 > 政府専用機
公邸 〜公邸に刻まれた歴史の重み〜
総理公邸
総理公邸
写真1 総理公邸 写真2 昭和12年に建築された「日本家」
 総理が執務をする「官邸」に対して、総理の日常生活を行う住まいを「公邸」と呼んでいます。官邸の南西にあって、平屋造り508平方メートルの広さがあり、官邸からは通路でつながっていました。
 この公邸には、数々の歴史があります。昭和4(1929)年の竣工当時は、「日本間」と呼ばれ、田中義一総理から岡田啓介総理まで6代の歴代総理が入居しましたが、昭和11(1936)年の2・26事件で反乱軍に中を荒らされ、住居としての使用に耐えない状態となったため、その後、内部を改修して事務室として使われていました。
 翌昭和12(1937)年には、官邸南庭の一角に木造2階建ての「日本家」が建てられて公邸の代わりとなりましたが、それも昭和20(1945)年5月の東京大空襲で焼け落ちてしまいました。
 公邸は、戦後もしばらくは、事務室として使われていましたが、昭和38(1963)年に改修し、昭和43(1968)年に佐藤栄作総理が初めて使用し、その後、多くの歴代総理が入居しました。
 この歴史ある公邸もいずれ取り壊され、これまでの官邸が移築・改修され、公邸になる予定です。
「写真室」
「政府専用機」
戻る 次へ