第1回女性車座対話に当たっての岸田内閣総理大臣ビデオメッセージ

更新日:令和4年3月5日 総理の指示・談話など

 皆さんこんにちは。内閣総理大臣の岸田文雄です。
 岸田政権では、全国各地にお邪魔して、現場の皆さんの声を直接お伺いしています。今回は、私の右腕として活躍いただいている、森まさこ総理大臣補佐官の提案で、女性の皆様との対話を行っていただくことになりました。
 女性活躍と男女共同参画の推進は、私の内閣が目指す個性と多様性を尊重する社会において不可欠な要素です。森補佐官には、今回の対話を皮切りに、全国で対話を重ねていただき、お伺いしたお話を今後の政策にいかしていきたいと思います。
 長引く新型コロナの影響は、非正規雇用労働者やひとり親を始め女性の就業や生活に強く影響を与えています。DV(ドメスティック・バイオレンス)や性犯罪・性暴力の相談件数も増えており、深刻な事態です。また、政府としては、2020年代の可能な限り早期に、指導的地位を占める女性の割合が30パーセント程度となることを目指しておりますが、各分野での女性の活躍、例えば女性の役員・管理職への登用も道半ばです。
 女性活躍担当の総理補佐官は、私の強い思いで史上初めて任命いたしました。本日の内容は私自身が報告を受けますので、遠慮なく皆さんの声を伝えて欲しいと思います。
 限られた時間ですが、是非貴重なお話を聞かせていただきますよう、よろしくお願いいたします。

これまでの総理の指示・談話など