今年の漢字等についての会見

令和3年12月13日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

(今年の漢字について)

 まず「金」についてどう思うか。今年、東京オリンピック・パラリンピックで日本中が盛り上がった金メダル。今年は「金」に御縁が深かった、こういった年ではなかったかと思います。なるほどなと思いながら聞きました。そして自分の漢字ですが、やはりこれから、例えば今回の経済対策もコロナ克服新時代開拓のための経済対策と名付けましたが、新しい時代を「拓(ひら)く」、新しい資本主義を「切り拓いて」いく、「拓く」、開拓の「拓」、これを今年の漢字にしたいなと、大きな目標として、来年に向けての目標として、開拓の「拓」を漢字に選びたいと思います。以上です。

(子どもへの10万円の給付に関して方針転換を示したことについて)

 方針転換というか、柔軟な制度設計に心掛けると申し上げてきた、選択肢を広げていったということです。丁寧に地方の声を聴き、国会の議論をしっかりと受け止め、柔軟な制度設計に努めた結果として選択肢をいろいろ用意させていただいたということです。

関連リンク

総理の演説・記者会見など