本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年5月28日犯罪対策閣僚会議

  • 犯罪対策閣僚会議であいさつする安倍総理1
  • 犯罪対策閣僚会議であいさつする安倍総理2
犯罪対策閣僚会議であいさつする安倍総理1 犯罪対策閣僚会議であいさつする安倍総理2

 平成25年5月28日、安倍総理は総理大臣官邸で、平成25年第1回(通算第20回)となる犯罪対策閣僚会議を開催しました。

 本日の会議では「犯罪に強い社会の実現のための新たな行動計画の策定の基本方針について」が決定されました。

 また、「第二次児童ポルノ排除総合対策」(案)について 議論されました。

 安倍総理は、あいさつの中で次のように述べました。

 「良好な治安を確保し、安全で安心して暮らせる社会を実現することは、国の最も基本的な責務であります。
 最近の治安情勢をみると、刑法犯認知件数は減少傾向にあるものの、サイバー犯罪・サイバー攻撃等の治安上の重大な脅威に直面し、国民の治安に対する不安は解消していません。
 このような状況を受け、先般、自民党から、刑務所・少年院などの矯正・更生施設における、きめ細かな再犯防止対策の推進など、犯罪・テロ対策に関して、緊急に取り組むべき課題について、新たな提言があったところです。
 各位においては、本日決定した「新たな行動計画の策定に向けた基本方針」に基づき、「世界最高水準の安全なサイバー空間の構築」、「犯罪やテロに強い社会の構築」、「治安基盤の強化」の3つの基本的な取組み方針の下、犯罪対策に関する新たな行動計画を策定した上、これを政府一体となって実施し、「世界一安全・安心な国、日本」を創り上げるために全力で取り組んでいただくようお願いいたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.