本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年5月31日総理・横浜市長共催歓迎レセプション

  • 総理・横浜市長共催歓迎レセプションで鏡開きをする安倍総理
  • 総理・横浜市長共催歓迎レセプションであいさつする安倍総理
総理・横浜市長共催歓迎レセプションで鏡開きをする安倍総理 総理・横浜市長共催歓迎レセプションであいさつする安倍総理

 平成25年5月31日夜、安倍総理は横浜市内で、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)参加国・機関の代表者を招待して、林文子横浜市長との共催で歓迎レセプションを開催しました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

「第5回アフリカ開発会議(TICAD V)に参加いただいた皆様を心より歓迎いたします。躍動のアフリカの大地より遠路日本までようこそお越しくださいました。
 ここ横浜は、5年前、第4回アフリカ開発会議(TICAD Ⅳ)を大成功のうちに開催した地です。世界に開かれた歴史と風土を持つ横浜にて、再びTICADを開催できることは大きな喜びであります。林文子市長はじめ、横浜の市民の皆様にお礼申し上げます。
 私自身、アフリカと日本を結ぶ強固な連帯を感じたのは、2年前の東日本大震災の折でした。アフリカの皆様からの励ましと支援に、日本国民は深く感動しました。改めてアフリカの皆様から頂戴した御支援並びに御見舞いに対し、衷心よりお礼申し上げます。
 アフリカの皆様からいただいた勇気と感動のお陰で、被災地は力強く復興の歩みを進めています。私自身も日本経済全体の活性化を通じて復興を加速化させるべく全力で取り組んでいます。
 この度のTICAD Vのテーマは「躍動のアフリカと手を携えて」です。TICAD Vを契機として、アフリカと日本の経済を新たに躍動させるべく、誠意をもって明日からの本会合に臨む決意です。
 本日は、アフリカを愛する多くの友人にお集まりいただいております。明日からの本会合の成功を期して、皆様には時間の許す限り御歓談ください。
 この後、御祝い時の日本の伝統である鏡開きを行います。鏡を開くことは、永久(とこしえ)に円満を期す意義があります。TICAD Vを通じて、皆様との友情の輪を末永く広げゆくための機会としてまいりたいと存じます。ありがとうございました。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.