本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年8月30日健康・医療戦略推進本部

  • 健康・医療戦略推進本部であいさつする安倍総理1
  • 健康・医療戦略推進本部であいさつする安倍総理2
健康・医療戦略推進本部であいさつする安倍総理1 健康・医療戦略推進本部であいさつする安倍総理2

 平成25年8月30日、安倍総理は総理大臣官邸で、第2回となる健康・医療戦略推進本部を開催しました。
 本日の会議では、平成26年度医療分野の研究開発関連予算要求について決定されました。
 安倍総理は冒頭のあいさつで次のように述べました。

 「成長戦略の大切な柱として、「健康長寿社会」に向けて、再生医療などの最先端の医療技術の開発をしっかりと進めていかなければなりません。そのためには、内閣のリーダーシップの下で、医療分野の研究開発について、省庁の縦割りに陥ることのないよう、予算を一元的に要求、配分、調整するとともに、省庁をまたがるテーマを連携して実施していくことが必要です。
 本日は、来年度の関連予算の要求について決定したいと思います。これは、健康・医療戦略推進本部が司令塔となって初めて取りまとめる予算要求です。今後、年末までにしっかりとした予算に仕上げていくとともに、年明けを目途に総合戦略も策定してまいります。
 経済再生に向けて、成長戦略をしっかり実行していくためにも、各閣僚におかれては、医療分野の研究開発の推進に向け、一丸となって取り組んでいただくよう、お願いいたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.