本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年6月17日観光立国推進閣僚会議

  • あいさつする安倍総理1
  • あいさつする安倍総理2
あいさつする安倍総理1 あいさつする安倍総理2

 平成26年6月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で第4回観光立国推進閣僚会議を開催しました。

 本日の会議では、「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014(案)」について意見交換が行われた後、総理は次のように述べました。

 「昨年、訪日外国人旅行者数1000万人を史上初めて達成しましたが、観光立国に向け、この数字に甘んじるわけにはいきません。「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会」の開催を追い風として、「2020年・2000万人」の高みを目指すべく、本日、アクション・プログラムを決定いたしました。
 この中で、例えば、インドネシア向けのビザを免除します。フィリピン・ベトナム向けのビザも、一層の緩和を行います。また、今年10月、訪日外国人向けの消費税免税の対象を全品目に拡大いたします。これに合わせ、免税店も2020年までに全国で1万店規模に倍増いたします。
 私も先日、島根県・鳥取県を視察してまいりましたが、日本の各地域には、魅力あふれる観光資源や、物産品がたくさんあります。こうした魅力をしっかりと発信し、地域活性化につなげていかなければなりません。
 このため、今後、このアクション・プログラムについて、地方の方々や、民間の方々、特に若い世代の意見などを反映し、常に進化させていきたいと思います。しっかり進捗管理し、毎年見直しを行いながら、全力で取り組んでまいりますので、関係閣僚の皆様の御協力の程よろしくお願いを申し上げます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.