本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年4月26日今村復興大臣の辞任等についての会見

  • 写真:会見する安倍総理
会見する安倍総理の写真を表示

 平成29年4月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、今村復興大臣の辞任等について次のように述べました。

「先ほど今村復興大臣から辞表を受け取りました。東日本大震災からの復興は、政権発足以来、安倍内閣の最重要課題であります。そして被災地の皆様の心に寄り添いながら復興に全力を挙げる、これは揺るぎない内閣の基本方針であります。にもかかわらず、昨日、今村大臣の講演において、被災地の皆様のお気持ちを傷つける極めて不適切な発言がありました。復興大臣にとって最も大切な被災地の皆様の信頼を失う重大な発言であり、辞職したいとの今村大臣の意向が示されましたので、辞表を受理することといたしました。内閣総理大臣として改めて被災地の皆様に深くお詫びを申し上げたいと思います。また、任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります。こうした結果となりましたことに対しまして、国民の皆様に心からお詫びを申し上げます。復興はいまだ道半ばであり、多くの方々が大変な困難にいまだに直面をしておられます。一日たりとも停滞は許されません。被災地福島の出身であり、そして発災以来復旧・復興に全力を挙げてきた、そして現在衆議院の東日本大震災復興特別委員会の委員長を務める吉野正芳さんに後任の復興大臣をお願いすることといたしました。東北の復興なくして日本の再生なし。この基本方針の下、東北の復興、福島の再生に全力で取り組んでまいります。」

「任命責任は、正に、総理大臣である私にございますので、こうした結果となりましたことに対しましてお詫びを申し上げたいと思います。」

「緩みがあるのではないかという、厳しい御指摘もあります。そういう御指摘に対しましては我々、真摯に受け止めなければならないと思います。これからも全力で復興を成し遂げていかなければいけませんし、そしてしっかりと安倍政権が掲げた政策の実現、結果を出していくために全力を尽くしていきたい。結果を出すことによって国民の皆様の信頼を回復したいと、こう考えております。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.