総務庁長官



おおた せいいち
太田誠一

生年月日昭和20年10月30日(53歳)
出 身福岡県福岡市
衆議院議員(福岡三区 当選6回)


経歴
慶応義塾大学経済学部卒
昭和51年 4月福岡大学経済学部助教授
昭和52年 9月米国ブラウン大学客員助教授

政歴
昭和55年衆議院議員初当選
昭和56年〜 衆議院法務委員会理事
昭和63年12月大蔵政務次官
平成 3年11月衆議院大蔵委員長
平成 4年12月自民党財政部会長
平成 8年11月自民党筆頭副幹事長
平成 8年11月自民党指定都市問題調査会会長
平成10年 7月国務大臣総務庁長官

プロフィール
 慶応大大学院修了後、福岡大助教授(経済原論担当)を経て、昭和55年衆議院初当選。衆議院大蔵委員長、党財政部会長など金融財政の要のポストを歴任。証券取引等監視委員会設置の提案者。法務委員会の筆頭理事を10数年勤める。ストックオプション制度の導入、自社株の取得規制緩和を可能にする商法改正を相次ぐ 議員立法で実現。