本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

未来投資戦略2018の構成 基本的考え方

基本的考え方 (1)世界の動向と日本の強み

世界の動向

デジタル革命 ・世界では、ICT機器の爆発的普及、AI、ビックデータ、IoTなどの社会実装が進み、社会のあらゆる場面で、デジタル革命が進展
データ・人材の争奪戦 デジタル時代の価値の源泉である「データ」や、その「データ」と新しい「アイデア」で新たな付加価値を生み出す「人材」を巡る国際的な争奪戦が繰り広げられている。
データ
覇権主義
・一部の企業や国がデータの囲い込み独占を図る「データ覇権主義」、寡占化により、経済社会システムの健全な発展が阻害される懸念。

日本の強み

豊富な
「資源」
・日本は、企業の優れた「技術力」や大学等の「研究開発力」、高い教育水準の下でのポテンシャルの高い「人材」層、ものづくりや医療等の「現場」から得られる豊富な「リアルデータ」
課題先進国 ・日本は、人口減少少子高齢化エネルギー・環境制約など、様々な課題に直面する「課題先進国」。
新たな価値創造のチャンス 現場からの豊富な「リアルデータ」AIやロボットなどの「革新的技術」の活用によって、社会課題の解決を図り、新たな価値創造をもたらす大きなチャンス。
優位な
立ち位置
・日本は、世界に先駆けて人口減少に直面し、失業問題といった社会的摩擦を引き起こすことなく、AIやロボットなどの「革新的技術」の社会実装が可能な優位な立ち位置

基本的考え方 (2)「Society 5.0」の実現に向けた戦略的取組

「Society 5.0」の実現に向けた戦略的取組

新たな国民生活や経済社会の姿 ・「Society 5.0」で実現できる新たな国民生活や経済社会の姿を、できるだけ具体的に示し国民の間で共有
制度・慣行や
社会構造の改革
・これまでの成功体験から決別した「非連続」な形で、従来型の制度や社会構造の改革を一気に進めていく。
今後、諸外国との競争が激化 ・今後、諸外国も我が国と同様の社会課題に直面し、社会課題解決への技術革新、ソリューション提供競争が想像を超えるスピードで激化
新たな決意と
スピード感
この数年が我が国にとって不可逆的岐路であり、新たな決意スピード感をもって進めていく。

持続可能でインクルーシブな経済社会システムである「Society 5.0」を実現

日本経済の潜在成長率を大幅に引き上げ、国民所得や生活の質、国際競争力を大きく向上

 

「Society 5.0」:第四次産業革命の新たな技術革新

 
新たな技術革新
の社会実装
新しいアイデアで、豊富なリアルデータを活用 革新的なデジタル製品・
サービス・システムの創出
・頭脳としてのAI
・筋肉としてのロボット
・神経としてのIoT
 
・従来の大量生産・大量消費型のモノ・サービスの提供ではない、個別化された製品やサービスの提供により、様々な社会課題を解決し、大きな付加価値を生み出す
 

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.