首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 コミュニケーション
 トップ小泉内閣メールマガジンバックナンバー
小泉内閣メールマガジン
 

小泉内閣メールマガジン 第164号 ========================== 2004/11/18

★☆ 小泉内閣メルマガ英語版、携帯版の読者登録を受付中です。 ☆★
 英語版の登録はこちらから
 http://www.mmz.kantei.go.jp/add_e.html
 携帯版の登録はこちらから
 http://www.mmz.kantei.go.jp/add11.html
--------------------------------------------------------------------

□ 目次

[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
● イラク、原潜、北朝鮮

[大臣のほんねとーく]
● 子どもは国の宝(文部科学大臣 中山成彬)

[特別寄稿]
● 「真心支援」をモットーに
  (第3次イラク復興支援群長 1等陸佐 松村五郎)

[小泉内閣の動き]
● 全国都道府県知事会議への出席 など

[シリーズ郵政民営化(数字でみる日本)]
● 347兆4963億円

====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
小泉総理大臣プロフィール 英語版はこちらから
● イラク、原潜、北朝鮮

 小泉純一郎です。

 イラクの人道復興支援を実施するため、自衛隊が現地に到着してから9カ
月たちました。イラク人が自らの国を立ち上げようと努力しているときに、
日本もできる限りの支援をしよう、イラクが復興して平和になることは、世
界のためになるばかりでなく、日本のためでもある、ということで支援を開
始しました。

 国連が全会一致でイラクへの支援を各国に求めているなかで、日本は、人
的な支援と資金的援助を車の両輪として行うことにしました。現在のイラク
の厳しい環境の中で、通常の民間人や公務員では活動が難しいので、自衛隊
の諸君に人的な支援活動を担当してもらっています。

 これまでに、延べ約1700人の自衛隊員諸君が、交代でイラクにわたっ
て支援活動に従事しました。サマーワの病院で医療技術支援をしたり、診療
所を応急修理すること、ユーフラテス川につながる運河から水をくみ上げ、
日本から持っていった浄水装置と給水車を使って水不足の地域に給水するこ
と、こわれた学校を補修したり、人道支援物資を輸送することなど、自衛隊
の活動は、日本人の善意を代表するものとして、イラク人から高く評価され
ています。

 このほか、難民用のテントの供与、発電所の復旧支援、病院の復旧計画へ
の資金援助、教材や学用品の支給、港湾整備やイラク支援に活躍するNGO
への支援など、資金援助の形で幅広く支援しています。

 イラクのテレビでアラビア語で「おしん」を放映したり、イラクの少年た
ちにサッカーボール1000個を送ったり、自衛隊がサッカーチームをつく
って地元の中・高校生のサッカーチームと交流試合をするなど、文化、スポ
ーツ面での協力や交流も進めてきました。

 この結果、水や衛生面では延べ200万人に、教育の面では合計600万
人の生徒、学生に日本の支援の手がさしのべられました。

 イラクの人たちは、暫定政府のアッラーウィー首相をはじめ、日本の人道
復興支援活動を高く評価しています。官邸を訪ねてきたイラク・ムサンナー
県のハッサーニ知事からは、深い感謝の言葉がありました。

 自衛隊の活動は、12月14日に期限が来ますが、そのあと活動を継続す
るかどうかは、今後状況をよく見極め、総合的に判断したいと思います。

 先週日本の領海に侵入した潜水艦は、中国海軍に所属する原子力潜水艦で
あることが明らかになりました。日本政府は中国政府に抗議し、中国側から
は、訓練中に誤って領海に入ったものであり、遺憾であるとの説明がありま
した。

 このようなことが今後起きないよう、また、こういう事件が今後の日中関
係に悪影響を及ぼさないように、中国に対して再発防止を求めていきます。

 先週から今週まで予定を延長して行われた日朝の事務レベル協議では、安
否不明の10人について、さらに調査がなされました。今回は、北朝鮮側の
努力のあとも見られましたが、結果は納得できるものではありません。持ち
帰った資料をよく精査して、今後さらに調査を進めていかなければならない
と思います。

 北朝鮮との関係については、「対話と圧力」の考え方に立って、日朝平壌
宣言に基づいて、拉致の問題、核の問題、ミサイルの問題を包括的に解決し、
国交正常化を目指したいという基本姿勢に全く変わりはありません。

 私は、今週金曜日に日本を出発して、アジア太平洋経済協力会議首脳会議
に出席するため、チリのサンティアゴに向かいます。サンティアゴでは、ブ
ッシュ大統領はじめ各国首脳と会談することにしていますが、アジア太平洋
地域の経済発展のみならず、平和と安全の問題についても話し合うことにな
るでしょう。

--------------------------------------------------------------------
[大臣のほんねとーく]
中山大臣プロフィール
● 子どもは国の宝(文部科学大臣 中山成彬)

 最近、子どもが事件に巻き込まれたり加害者になったりする事件が相次ぎ、
大変心を痛めています。食生活の乱れも含め、子どもたちが健やかに育ちに
くい環境になっています。

 社会全体で、自分の子どもも他人の子どもも区別なく、暖かく、かつ厳し
く守り育てる風潮になってほしいと思います。子どもは社会の宝、国の宝。
子どもたちがこの世に生まれてきたことの有り難さを自覚し、かけがえのな
い自分の命と同様、他人の命も大切にすることを教えていきたいと思います。

 また、ある調査によると、太陽が西に沈むことを知らない子どもが3割、
日の出や日の入りを見たことがない子どもが4割近くもいるという結果が出
ています。自然や社会と交わるといった体験が驚くほど希薄になっています。

 テレビゲームなどだけでなく、もっと本を読み、もっと外に出て、スポー
ツに親しみ、運動で汗を流そうと提唱したい。そのためには、学校や家庭、
地域全体で子どもたちの多様な体験活動の機会を作ることが必要です。

 子どもたちが人間の力を超える自然の偉大さを実感し、人間の営みについ
て深く考える機会をもっと与えたいと考えています。奥ゆかしさと優しさを
秘め、厳しい国際競争を勝ち抜けるたくましい子どもたちの育成に努めてい
きたいと思います。

※ 子どもの居場所づくりホームページ
 http://www.ibasyo.com/

※ 文部科学省ホームページ
・ 「児童生徒の問題行動対策重点プログラム(最終まとめ)」について
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/10/04100501.htm

・ 確かな学力
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku/index.htm
 
--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]

● 「真心支援」をモットーに
  (第3次イラク復興支援群長 1等陸佐 松村五郎)

 日本の皆さん、こんにちは。イラク復興支援群に対し、いつも暖かいご声
援をありがとうございます。

 私たちは今、外務省が所掌するODA事業とも連携しつつ、病院を巡回し
ての医療支援、給水支援、学校・道路・診療所等公共施設の復旧・整備支援
など、サマーワ周辺地域の20カ所以上で人道復興支援に当たっています。

 私たちが活動しているこの地域は、メソポタミア文明発祥の地であり、支
援活動の中には、5000年前の古代都市ウルク遺跡保存のための外柵補修
などもあります(11月8日に終了しました)。その近くの小さな町で修復
を終えた小学校の竣工式を実施した際、児童代表の女の子が私たちに贈って
くれた次の言葉は、私たち隊員の胸を強く打ちました。

 「私たちは、子どもに対する日本人の優しさを見ることができました。
(中略) 私たちは、人類の文明発祥の地ウルクに住んでいます。あなた方
日本人は、私たちに再び文明を取り戻させてくれました。テロは悪いことで
す。新しいイラクに彼らの居場所はないでしょう。私たちは、すべての国の
自由と平和を望みます。」

 彼女の言葉には、歴史あるイラクの人々の誇りと、圧政と戦争に苦しんだ
末、今やっと見えてきた未来への希望が、凝縮されていました。彼女たちの
キラキラと輝く眼に見つめられ、私たちも、この子どもたちの未来のために
頑張ろうという決意を新たにしたのでした。

 私たち復興支援群は「真心支援」をモットーにしています。支援活動は、
単に復興事業のみではなく、人と人との心の触れ合いに意味があるとの思い
からです。私たちの活動が、少しでもイラクの人々の心に残るよう、頑張っ
て参りたいと思います。

 そのことが、日本が信頼できる国であることを世界に示すことになり、ひ
いては我が国の平和と安全に寄与するものと固く信じております。

 今後とも国民の皆様の変わらぬご声援を賜りますよう、よろしくお願い申
し上げます。

※ 陸上自衛隊ホームページ
 http://www.jda.go.jp/jgsdf/
 
--------------------------------------------------------------------
[小泉内閣の動き]

● 科学技術と人類の未来に関する国際フォーラムへの出席(04/11/14)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/11/14forum.html
  京都市で開かれた、地球温暖化など科学技術がもたらす様々な問題を討
 議するフォーラムへの出席の模様と基調講演

● 全国都道府県知事会議への出席(04/11/12)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/11/12chiji.html
  総理大臣官邸において開催された全国都道府県知事会議に出席し、国と
 地方のあり方を見直す「三位一体の改革」について意見交換

● アラファト・パレスチナ暫定自治政府長官のご逝去に関する総理大臣の
 談話(04/11/11)
 https://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2004/11/11danwa.html
  総理大臣官邸において開催された全国都道府県知事会議に出席し、国と
 地方のあり方を見直す「三位一体の改革」について意見交換

--------------------------------------------------------------------
[シリーズ郵政民営化(数字でみる日本)]

● 347兆4963億円

 347兆4963億円とは、平成15年度末における郵便貯金残高227兆2994億円と
簡易保険運用資産残高120兆1969億円の合計です。

 郵貯残高は11年度末の260兆円をピークに、また、簡保運用資産残高は13
年度末の約125兆円をピークに、それぞれ減少しているものの、15年度末に
おける現金・預金、保険、株式などの個人金融資産残高1415兆8434億円の約
4分の1を占めています。

 貯金事業を国が運営している例は多くありません。国が運営していたとこ
ろでも、例えばドイツでは1995年に、イタリアでは1998年に民営化が行われ
たように、民営化がひろがる傾向にあります。また、生命保険事業を国が運
営している例は主要国ではほとんどありません。

 郵貯・簡保の資金運用は、安全性・確実性を重視し、国債の保有や地方公
共団体への貸付け、財政投融資を通じた特殊法人への融資など公的部門を中
心に行っています。特に国債については発行総額約570兆円の約4分の1を
保有しています。

 こうした公的部門中心の運用は、郵貯・簡保事業の創設以来の長い歴史を
もっており、国の基盤整備や産業振興、地域活性化のための資金を融通する
制度として機能してきました。今、「民間にできることは民間に」という構
造改革の中で、特殊法人改革と一体となって、郵貯・簡保で集めた資金の流
れの見直しが必要となっています。

 郵政事業の民営化により経営の自由度も高まるため、運用面では、公的部
門に流れている資金を株式市場やベンチャー企業などの民間部門に流すこと
ができるようになります。資金の流れを「官から民へ」変えることで、経済
全体を活性化することが、郵政改革の国民に対する大きなメリットとして期
待されています。

 なお、民間の銀行や保険会社なら、不測の事態に備えて預金保険機構や生
命保険契約者保護機構に加入し、保険料を支払わなければなりません。しか
し、郵貯・簡保の場合は、国が全額保証して肩代わりしています。こうした
「見えない国民負担」の見直しも、郵政民営化のポイントの一つです。

※ 首相官邸ホームページ(郵政民営化)
 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/yuseimineika/index2.html

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 先週号に、宇田左近有識者会議委員と高橋正安特定郵便局長会会長のご寄
稿を掲載しましたが、郵政民営化について読者の皆さんからたいへん大きな
反響がありました。「同じテーマについて賛否両論を掲載してほしい」とい
う要望は以前からありましたが、実際に掲載したのは長いメルマガの歴史で
も初めてのことです。来週号では、郵政民営化シリーズに加えて、郵政民営
化についての読者政策アンケートを行います。ご期待ください。(せいけん)

杉浦内閣官房副長官プロフィール杉浦内閣官房副長官
--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 おんらいん読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(11月21日まで)
====================================================================
[小泉内閣メールマガジン]

<バックナンバー・配信先変更・配信中止>
  https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎
編集長:内閣官房副長官 杉浦正健
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)