クライン孝子

くらいん       たかこ

クライン 孝子


 ノンフィクション作家


略 歴
昭和14年満州に生まれる
昭和43年初渡欧
チューリッヒ大学でドイツ文学を学ぶ
フランクフルト大学で近代西欧政治経済史を学ぶ
現 在フランクフルト在住。夫はドイツ人。一男あり
ドイツ政界・メディア界と密接な関係を持つ


役職等
EUプレスクラブ 会員
ドイツ連邦プレス 会員
拓殖大学客員教授
日本会議女性の会 副会長
「次世代を育てる会」 顧問
「百人斬り」冤罪訴訟支援の会 副会長


最近の著書
「拉致!被害者を放置した日本 国をあげて取り戻したドイツ」 海竜社 2003年
「なぜ日本人は成熟できないのか」 海竜社 2003年
「『対話』劣等生の眠たい日本人」 ポプラ社 2002年
「お人好しの日本人したたかなドイツ人」 海竜社 2001年
「愛するわが子を『サル』にする親、『ヒト』にする親」 PHP社 2001年
「捨てない生活−快適なドイツ流ライフスタイル」 ポプラ社 2001年
「歯がゆい日本国憲法−なぜドイツは46回も改正できたのか」 祥伝社 2000年
「甘やかされすぎるこどもたち」 ポプラ社 1999年
「歯がゆいサラリーマン大国・日本」 祥伝社 1999年
「もどかしい親と歯がゆい若者の国・日本」 祥伝社 1998年
「歯がゆい国・日本」 祥伝社 1997年