「感どうする経済館」プロデューサー

荒俣宏

あらまた   ひろし    
荒俣 宏

作家

昭和22年生まれ

東京都出身  


プロフィール
 慶応大学法学部卒業後、日魯漁業に入社。コンピューター・プログラマーとして10年間のサラリーマン生活をおくる。その間、紀田順一郎氏らと、雑誌「幻想と怪奇」を発行。英米の幻想文学などを翻訳しつつ、評論も展開。独立後は翻訳、小説、博物学、神秘学などジャンルを越えた執筆活動を続け、その著書、訳書は300冊に及ぶ。

 代表作に350万部を越える大ベストセラーとなった『帝都物語』(全6巻 角川書店、日本SF大賞受賞)、古今の生き物に対する博物学の集大成といえる大著『世界大博物図鑑』(全7巻 平凡社、サントリー学芸賞受賞)などがある。

 平成13年(2001年)開催の「インターネット博覧会」で編集長を、また平成17年(2005年)には愛知万博「グローバルハウス」のナビゲーターを務める。平成13年(2001年)より日本大学芸術学部研究所教授。

 近著に『読み忘れ三国志』小学館、『想像力の地球旅行』角川文庫、『妖怪大戦争』角川書店など。