以前のバックナンバー

令和3年9月13日

お知らせ

◇◇◇◇◇◇

~「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)」のご案内~

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、以下のいずれかの要件を満たす方を対象に子育て世帯生活支援特別給付金の支給を実施しています。支給要件をご確認の上、お早めに申請ください。

【対象者】
a.公的年金等を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方
b.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

【給付額】
 児童1人当たり一律5万円

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇◇◇◇

~月10万円の給付金+無料の職業訓練+就職サポート~

求職者支援制度は、再就職や転職を目指す求職者の方が、月10万円の生活支援の給付金を受給しながら、無料の職業訓練を受講する制度です。
離職して雇用保険を受給できない方、収入が一定額以下の在職者の方などが、給付金を受給しながら訓練を受講できます。
給付金の支給要件を満たさない場合であっても、無料の職業訓練を受講できます。
訓練開始前から、訓練期間中、訓練終了後まで、ハローワークが就職活動をサポートします。

求職者支援制度の申し込みは、ハローワークで受け付けています。まずは、お気軽にハローワークにご相談ください。

詳細はこちらをご覧ください。

また、求職者支援制度をわかりやすく紹介した動画もありますのでご覧ください。


◇◇◇◇◇◇

~誰でも無料で学べるオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」開講間近!~

誰でも無料で学べるオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」を9月28日(火)に開講します。
本講座は、社会人や大学生に向けて、業務やビジネス上での分析事例を中心に実践的なデータ分析(統計分析)の手法を分かりやすく解説する講座です。
データ分析にご興味のある方は、是非、ご活用ください。

【講座概要】
●データサイエンスとは
●分析の概念と事例
●分析の具体的手法
●ビジネスにおける予測と分析結果の報告
●ビジネスでデータサイエンスを実現するために

詳細・受講登録はこちらをご覧ください。


◇◇◇◇◇◇

~京都コングレスの成果展開に向けて~

我が国は、ホスト国として、今年3月に京都で開催された第14回国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)での成果文書「京都宣言」の着実な実施に、リーダーシップを発揮していきます。
具体的には、(1)「アジア太平洋刑事司法フォーラム」の創設及び定期開催、(2)「法遵守の文化のためのグローバルユースフォーラム」の定期開催、(3)再犯防止国連準則策定の主導を実施し、法の支配を推進します。

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇◇◇◇

~9月は自賠責保険(共済)の広報・啓発月間です~

クルマやバイクにお乗りの皆様、自賠責保険の有効期限は切れていませんか?
自賠責保険未加入での運行は法令違反であり、免許停止(道路交通法)などの刑事処分・行政処分の対象になります。
もし、人身事故を起こした場合は、多額の損害賠償金を自己負担しなければなりません。
クルマやバイクにお乗りになる際は、有効期限を確認して忘れずに加入してください。
電動キックボードも自賠責保険の加入が必要です。

9月の自賠責保険(共済)の広報・啓発月間中は、全国の市町村役場、警察署、大学、バイク用品店などで啓発ポスターの掲示や制度の概要など気をつけていただきたいポイントをまとめたリーフレットの配布を行っています。

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇◇◇◇

~法的トラブルでお困りの場合は「法テラス」をご利用ください~

「新型コロナウイルス感染症の影響で失業し、借金が返せない」
「配偶者からDV を受けており離婚をしたい」
法的トラブルを抱えてしまったときは、ぜひ法テラスまでご相談ください。

法テラスでは、収入や資産が一定額以下の方に、弁護士や司法書士との法律相談のサービスを無料でご提供しています。面談以外に感染症対策として、電話などでの法律相談ができる場合もあります。

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇◇◇◇

~首相官邸メールマガジン配信見直しのお知らせ~

本メールマガジンで配信してまいりました総理の動き等については、本日の配信を最後に、発信方法を見直すことといたしました。 ご愛読いただきありがとうございました。

様々なソーシャルメディアを活用して、総理の日々の動き等をよりきめ細かく発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

首相官邸ホームページにおいても、総理の動き等を順次更新してまいります。

なお、フィーチャーフォン(ガラケー)に関しては、9月20日(月)以降、当分の間、災害発生時に関連情報をお伝えするサイトを公開いたします。 ご活用くださいますようお願いいたします。


◇◇◇◇◇◇◇◇

 

菅総理からのメッセージ

9月10日(金)

<待機児童対策>
長年の懸案である待機児童問題の最終的な解消を目指し、幼稚園やベビーシッターなど地域のリソースを活かして、保育の受け皿の整備を進めています。 [Facebook記事]

9月10日(金)

感染対策やエコスクールなどで先進的な取り組みを行っている天沼小学校を視察しました。
座席の間の距離を取るといった基本的な感染対策に加え、登校できなかった児童へのオンライン指導も拝見しました。教職員やそれをサポートするスタッフの皆さんが、感染対策に一生懸命に取り組んでおられました。
「エコスクール」や「ギガスクール」という大きな課題に意欲的に取り組んでいることを認識しました。

未来を担う子どもたちにとって、学校は重要な存在であり、新型コロナの中でも安心して授業ができるよう、政府としてもしっかりと支援していかなければならないと再認識しました。教職員の皆さんに対するワクチン接種への配慮、学校への検査キットの配布などの支援を行ってまいります。 [Facebook記事]

9月9日(木)

全国各地で、新規感染者数は、ようやく減少傾向となっていますが、重症者数は、依然、高い水準が続いています。
こうした状況の中、緊急事態宣言については、宮城県、岡山県について、9月12日をもって解除すること、それ以外の19都道府県については9月30日まで延長すること、
まん延防止等重点措置については、富山県、山梨県、愛媛県、高知県、佐賀県、長崎県について、9月12日をもって終了し、それ以外の6県については、宮城県、岡山県を追加した上で、期間を9月30日まで延長することを、
それぞれ決定しました。
対象地域においては、引き続き、飲食店の時間短縮、テレワークなどの感染対策を実施してまいります。

この危機を乗り越え、安心と賑わいのある日常への道筋をつけるため、まずは、医療体制をしっかり確保し、治療薬とワクチンで重症化を防いでまいります。 病床、ホテルに加え、全国で、酸素ステーションや臨時の医療施設などを増設していきます。
自宅で療養する方々には、身近な開業医が、健康観察や入院などの判断を行い、必要な医療が受けられる体制を構築してまいります。
新たな中和抗体薬は、すでに2万人以上に使用され、目覚ましい効果をあげています。重症者をさらに減らすため、全ての必要な患者に投与できる体制をつくってまいります。

ワクチンについては、欧米諸国と比べても早いペースで接種が進んでおります。デルタ株による感染拡大の中でも、重症者や死亡者数は極めて少なくなっています。
今後、10月から11月の早い時期には、希望者全員のワクチン接種が完了します。
それに向けて、ワクチンの接種証明や検査の陰性証明を活用し、制限を緩和していきます。認証制度も使って、飲食、イベント、旅行などの社会経済活動の正常化の道筋をつけてまいります。
国民の命と暮らしを守っていくため、引き続き、総力を挙げて取り組んでまいります。 [Facebook記事]

9月9日(木)

<育児休業の取得促進>
法律を改正し、育児休業を取得しやすい環境を整備しました。
希望に応じて仕事と育児を両立できるようにしていきます。
[Facebook記事]

9月8日(水)

<不妊に悩む方への支援>
今年1月から、不妊治療の助成制度の所得制限撤廃や助成額の大幅な引き上げなど、支援を拡充しました。来年4月からは保険適用を開始します。
子どもが欲しいと願い治療を続ける皆さんに寄り添ってまいります。 [Facebook記事]

9月7日(火)

<農林水産物・食品の輸出拡大>
2025年2兆円、2030年5兆円の目標達成に向け、世界に誇る牛肉やいちごなど27の重点品目を選定し、約1300の産地・事業者をリストアップするなど、輸出にチャレンジする事業者の重点的な支援に、引き続き全力で取り組みます。 [Facebook記事]

9月6日(月)

<携帯電話料金の引き下げ>
携帯電話料金は、昨年に比べて半額以下のプランが提供されるようになりました。
公正な競争環境の整備による一層の競争の促進を通じて、利用者にとってわかりやすく納得できる料金やサービスが実現するよう政府として引き続き取り組んでまいります。 [Facebook記事]

9月6日(月)

デジタル庁が発足して一回目となる「デジタル社会推進会議」を開催し、全体戦略となる「新重点計画」を議論しました。
思い切ってデジタル化を進めなければ、日本を変えることはできない。
こうした思いで、9月1日にデジタル庁を設立しました。デジタル庁のリーダシップのもと、社会全体のデジタル改革を徹底していきます。

第一に、行政サービスのデジタル化です。スマートフォン一つで、引っ越し手続きなど、あらゆる手続きが役所に行かずともオンラインで出来る。国からの給付金が申請なくとも振り込まれる。そうした社会を作っていきます。このため、自治体のバラバラなシステムの統一や標準化、マイナンバーカードの普及などを進めます。
第二に、くらしのデジタル化です。オンライン診療など、日常生活が便利になり、地方にいても都会と同じように生活できる。医療、教育、防災、決済などのデジタル化と制度の見直しを進めます。
第三に、産業のデジタル化です。公的機関の基本的なデータを広く共有するなど、新しいビジネスを作り、雇用と投資を生み出します。
最後に、デジタルデバイドへの対応です。「誰一人取り残さない」理念で、障がいのある方や高齢の方に対する支援などを行います。

政府としては、年末までに「新重点計画」を策定し、着実に成果をあげてまいります。 [Facebook記事]

9月6日(月)

東京パラリンピックが閉会しました。
1年の延期、多くの制約の中での開催となりましたが、史上最多となったアスリートの皆さんに本当に多くの感動を届けて頂きました。
大会関係者やボランティアの皆さんのご尽力、そして国民の皆様のご理解とご協力の下、無事に大会を終え、パリにバトンを引き継ぐ事ができました。
障害のある人もない人も共に活躍できる共生社会の実現に向けた歩みを大きく進めることができたと思います。
改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。 [Facebook記事]

先週の総理

9月10日(金)

写真:視察する菅総理1

杉並区立天沼小学校視察
菅総理は、杉並区立天沼小学校を視察しました。

9月9日(木)

写真:発言する菅総理1

新型コロナウイルス感染症対策本部(第76回)
菅総理は、総理大臣官邸で第76回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。

写真:会見する菅総理1

新型コロナウイルス感染症に関する菅内閣総理大臣記者会見
菅総理は、総理大臣官邸で新型コロナウイルス感染症に関する記者会見を行いました。

9月8日(水)

写真:会見する菅総理

緊急事態宣言の取扱い等についての会見
菅総理は、総理大臣官邸で緊急事態宣言の取扱い等について会見を行いました。

9月7日(火)

写真:発言する菅総理1

原子力防災会議
菅総理は、総理大臣官邸で第12回原子力防災会議を開催しました。

9月6日(月)

写真:発言する菅総理1

デジタル社会推進会議
菅総理は、総理大臣官邸で第1回デジタル社会推進会議を開催しました。

写真:表敬を受ける菅総理1

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、日本パラリンピック委員会による表敬
菅総理は、総理大臣官邸で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の橋本聖子会長、日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長による表敬を受けました。

総理の演説・記者会見など

【メール配信について】

発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)
首相官邸ホームページ https://www.kantei.go.jp