本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

バックナンバー

以前のバックナンバーはこちら

平成31年2月18日

お知らせ

◇◇◇お知らせ1◇◇◇
~青年国際交流事業 参加青年募集中! ~

内閣府では、国際社会や地域社会で活躍するリーダーを育成するために、船や航空機を使った6つの国際交流事業を行っています。
3週間~2か月ほどの比較的短期間の事業ですが、ディスカッションや視察、文化紹介など様々なプログラムに取り組みながら、同世代の仲間たちと濃密な時間を過ごすことができます。
コミュニケーション能力やリーダーシップ、異文化対応力を高めたい人、国内外にネットワークを広げたい人にお勧めです。

〇対象:日本国籍を持つ18~30歳の青年(一部23~40歳の青年が対象の事業あり)
〇応募窓口:原則として住民票のある都道府県
〇応募締切:3月下旬(応募先の都道府県によって異なります)

皆さんのご応募をお待ちしています。

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇お知らせ2◇◇◇
~男女共同参画週間のキャッチフレーズを募集しています~

男性も女性も、ひとりひとりが夢や希望を実現し、あらゆる分野で活躍できる社会をつくるためには、小学校、中学校、高校、専門学校、高等教育(大学、大学院等)などの各段階での学びや進路選択、キャリア教育、社会人の学び直しなど、ライフステージに応じた多様な「学び」の機会の充実が必要です。
性別にかかわらず「学び」を通じて、ひとりひとりの意欲と希望に応じた、多様なライフキャリアの選択と実現を応援するキャッチフレーズを募集します。
募集期間は2月28日まで。どなたでもご応募できます。

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇お知らせ3◇◇◇
~知財のいまを知り 未来を創る~

特許庁では、知的財産活用の成功事例や特許庁の最新ニュースを掲載した広報誌「とっきょ」を隔月で発行しています。
最新2・3月号のコンテンツはこちら!
■特集1:オープンイノベーション×知財
■特集2:創業期こそ“知財”で差をつける!
■マンガ知財総合支援窓口へようこそ!:知財を活かして下請けからの脱却とは?
■大ヒット商品の歴史を辿る あのとき、あの知財:落としても壊れない腕時計に世界が震撼!

詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇お知らせ4◇◇◇
~エアバッグのリコール未改修車両は車検に通りません!~

タカタ製エアバッグは、ガス発生装置(インフレータ)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、平成21年以降リコールを実施し、未改修車に対し車検時に警告文の交付を行う等の改修促進の取組を進めています。

しかしながら、国内に約320万台の未改修車(平成29年10月末時点)があること、異常破裂による死者が全世界で少なくとも18人を数えること等を踏まえ、平成30年5月から異常破裂する危険性が高い未改修車(約130万台(平成29年10月末時点))を車検で通さない措置を講じています。
本措置の対象車両のユーザーの皆様は、車検の有効期間を待つことなく、一刻も早い改修を行っていただくようお願いします。

対象車両の確認等、詳細はこちらをご覧ください。


◇◇◇◇◇◇◇◇

先週の総理

2月15日(金)

写真:握手を交わす両首脳

日・オーストリア首脳会談等
安倍総理は、総理大臣官邸でオーストリア共和国のセバスティアン・クルツ首相と首脳会談等を行いました。

2月14日(木)

写真:表敬を受ける安倍総理1

太宰府天満宮「梅の使節」による表敬
安倍総理は、総理大臣官邸で太宰府天満宮「梅の使節」による表敬を受けました。

写真:発言する安倍総理1

国家戦略特別区域諮問会議
安倍総理は、総理大臣官邸で第38回国家戦略特別区域諮問会議を開催しました。

2月13日(水)

写真:発言する安倍総理1

未来投資会議
安倍総理は、総理大臣官邸で第23回未来投資会議を開催しました。

写真:表敬を受ける安倍総理1

ラリジャニ・イラン国会議長等による表敬
安倍総理は、総理大臣官邸でイラン・イスラム共和国のアリー・ラリジャニ国会議長等による表敬を受けました。

総理指示・談話など

【メール配信について】

発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)
首相官邸ホームページ https://www.kantei.go.jp

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.