森総理の動きのタイトル画像

平成12年9月3〜5日

プーチン露大統領と首脳会談


日露首脳会談を前に握手する森総理とプーチン大統領(9月4日)


森総理夫妻主催晩餐(9月4日)


署名式を終えて、握手を交わす両首脳(9月5日)


内外の記者団を前に、そろって記者会見に臨む両首脳(9月5日)

 森総理は、平成12年9月3日から同月5日にかけて我が国を公式訪問したロシアのプーチン大統領と会談。平和条約問題等について、首脳レベルでの本格的な交渉が行われた。
 両首脳は、(ア)「東京宣言に基づき2000年までス和条約を締結するよう全力を尽くす」とのクラスノヤルスク合意の実現のための努力を継続すること、(イ)両国間のすべての諸合意に依拠しつつ、四島の帰属の問題を解決することにより平和条約を策定すべく、交渉を継続すること、(ウ)平和条約交渉の効率性を高めるため、世論啓発の努力を活発化するための措置等をとること、などについて一致、これらの内容をとりまとめた両首脳の声明に署名した。
 このほか、貿易経済分野の協力について、「日本国及びロシア連邦との間の貿易経済分野の協力の深化のためのプログラム」が署名された。また、ロシアが日本の国連安保理常任理事国入りを支持することを明記した「国際問題における日本国とロシア連邦の協力に関する共同声明」の署名も行われた。

森総理の動き