本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年1月31日行政改革実行本部

メイン画像:行政改革実行本部会合であいさつする野田総理1

行政改革実行本部会合であいさつする野田総理1

  • サムネイル:行政改革実行本部会合であいさつする野田総理1
  • サムネイル:行政改革実行本部会合であいさつする野田総理2
  • サムネイル:行政改革実行本部会合であいさつする野田総理3

行政改革実行本部会合であいさつする野田総理2

行政改革実行本部会合であいさつする野田総理3

 平成24年1月31日、野田総理は国会内で、行政改革実行本部の初会合を開催しました。

 本日の会合では、特別会計改革の基本方針、独立行政法人の制度・組織の見直しなどについて話し合われました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、「行政改革は、社会保障と税の一体改革と併せて、包括的に実行しなければならない政府の重要課題であります。国民の声を受けて行政改革に不退転の覚悟で望んでいきたいと思います。
 これまでも、独立行政法人改革、特別会計改革を始め、様々な対策に取り組んでまいりましたが、政府が一丸となって、改革をさらに総合的かつ強力に進めていくため、この行政改革実行本部を設置することとしました。
 先日の内閣改造で、新たに行政改革担当をお願いした岡田副総理を中心に全閣僚が参加をし、政府全体として取り組むべき行政改革の課題を総合的に議論をするとともに、着実に実行していく場としたいと思います。各閣僚におかれましても積極的に取り組んでいただきたいと思います。」と述べました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.