首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリー:IT戦略本部
 トップ会議等一覧IT戦略本部e-Japan重点計画-2004 印刷用(PDF形式)


5.国民の理解を深めるための措置
 国民のITに関する理解を増進する上で、広報活動は重要な役割を担っている。このため、先導的取り組みによるITの利活用の推進、電子政府の構築等による「世界最先端のIT国家」の実現を政府の重点広報テーマとして位置づけて広報活動を一層充実させる。
 また、IT戦略の第二期においては、これまで以上に民が主導的に行動することが重要であり、このため政府は、「e-Japan戦略U」の展望の共有と民間の行動の呼びかけを積極的に行なっていく(「e-Japan戦略U」W.方策一覧表)。
 さらに、実証等を行なう各施策の実施にあたっては、ユーザーの参加を含めた実環境における実証等を通じて、新たな技術の社会的な受容に係る課題のフィードバックを適切に行なうことも必要である。

 このような取り組みの一環として、2005年開催予定の「愛・地球博」において、ITの実用を促進するため、ブロードバンド時代、ユビキタスネットワーク時代に対応したインターネット技術、携帯情報端末技術、映像情報技術(バーチャル・リアリティを含む)をはじめとした情報関連技術の実用化や最先端技術の実験を行う。

 我が国が、世界最先端のIT国家を目指すためには、このような国民のITに関する理解の増進、国民とのIT戦略の展望の共有、最先端の技術の実用化等を図っていくことが重要であり、政府はこうした国民の理解を深める措置についても積極的に取り組んでいく。