「我が国の北極政策」について (Japan's Arctic Policy)

 1980年代以降の北極海海氷の減少傾向等に象徴される近年の北極の急速な環境変化は、北極海航路や資源開発の可能性をもたらしている一方、地球規模の環境問題や安全保障環境の変化などのグローバルな課題を生じさせ、北極圏国、非北極圏国を問わず、北極に対する国際社会の関心を集めています。

 このような中、政府は、平成27年10月16日に内閣総理大臣を本部長、全閣僚を構成員とする総合海洋政策本部において、我が国として初の包括的な北極政策を決定しました。

○ 我が国の北極政策(平成27年10月16日総合海洋政策本部決定) [PDF]

○ 「我が国の北極政策」の概要 [PDF]

○ Japan's Arctic Policy [English] [PDF]

○ Outline of Japan's Arctic Policy [English] [PDF]