このページの本文へ移動

首相官邸
  • TOP
  • 施策
  • 会議等開催状況
  • 提案・申請・認定・評価
  • 関連法令・閣議決定等
  • 地方創生に係る相談

未来技術社会実装事業(令和2年度選定)について

令和2年7月31日
内閣府地方創生推進事務局

 「未来技術社会実装事業」は、AI、IoTや自動運転、ドローン等の未来技術の実装による新しい地方創生を目指し、地方創生の観点から革新的で、先導性と横展開可能性等に優れた提案について、各種交付金、補助金等の支援に加え、社会実装に向けた現地支援体制を構築するなど、関係省庁による総合的な支援を行うものであり、スマートシティ関連事業として取り組んでおります。
 平成30年度より、未来技術社会実装事業として22事業の支援を実施しているところであり、選定事業毎に地域実装協議会を組織し、社会実装に向けたワンストップ支援を実施しております。
 今般、地方公共団体から応募いただいた事業について、事業内容、期待される効果、地方創生への寄与(革新性、先導性、横展開可能性)等に優れた事業について、下記のとおり選定いたしましたのでお知らせします。
 今後、順次、選定事業ごとに、社会実装に向けた現地支援体制(地域実装協議会)を構築するなど、関係府省庁による総合的な支援を行ってまいります。

未来技術社会実装事業(令和2年度選定):12事業
【担当・問合せ先】
 内閣府 地方創生推進事務局
 八木、中川、川又、右高:(03-6206-6175)

添付資料1 未来技術社会実装事業(令和2年度選定)事業一覧(PDF/171KB)別ウィンドウで開きます

添付資料2 未来技術社会実装事業(令和2年度選定)事業概要(PDF/2,173KB)別ウィンドウで開きます

添付資料3 未来技術社会実装事業について(PDF/2,178KB)別ウィンドウで開きます

ページのTOPへ戻る