このページの本文へ移動

地域限定型 規制のサンドボックス制度とは

規制のサンドボックス制度とは、イノベーション促進のために、一時的に規制の適用を停止するなど、新たなビジネスの実験場の仕組みとしてイギリスなどで始められた「規制の砂場(Regulatory Sandbox)」をいいます。これを参考に、国家戦略特区においても、監視・評価などの事後チェックルールを整備し、近未来技術実証に関する事前規制・手続きを見直すことで、迅速・円滑に実証実験を実現する仕組みを設ける制度です。

地域限定型のサンドボックス制度の創設

自動車の自動走行、ドローンなど近未来技術の実証実験の迅速化・円滑化を図るため、地域限定型の規制の「サンドボックス」制度を創設しました。国・自治体・事業者の三者が一体となって実証実験に関する区域計画を作成し、認定を受けることで、実証実験に関する各省庁の規制法令の許可等を受けたものとみなすことなどとします。これにより、高度で革新的な技術に関する実証実験を、積極的かつ大胆に実現できるようにします。

  • 地域限定型サンドボックスの概要(PDF形式:175KB)別ウインドウで開きます
  • ドローン

    ページのTOPへ戻る