このページの本文へ移動

首相官邸
  • TOP
  • 施策
  • 会議等開催状況
  • 提案・申請・認定・評価
  • 関係法令・閣議決定
  • 地方創生に係る相談

令和元年5月7日
内閣府地方創生推進事務局

「i-都市再生」技術仕様案(i-UR 1.0)の公開について

 このたび、平成31年3月20日に発表したテクニカルプレビューの意見を踏まえ、i-都市再生の技術仕様案(i-UR1.0)を定めましたのでお知らせいたします。
 「i-都市再生」の技術仕様案は、統計情報や都市3Dモデルを可視化するための、デファクトスタンダードであるCityGML形式を採用し、CityGMLに定義されているADEとして機能を拡張しています。詳しくは、下記URLのとおりHP上に掲載しておりますのでご覧ください。
 今後、この技術仕様案(i-UR 1.0)に基づき、「i-都市再生」の活用したモデル調査(公募型のオープンイノベーション開発)を実施することとしており、本年5月より募集を開始する予定です。このモデル調査は、特定のテーマごとに、「i-都市再生」を活用したサービスの提案を自治体と連携する事業者から募集し、「i-都市再生」の活用モデルについてその開発費を支援するものです。
 今後、この公募型のモデル調査等において、技術仕様案(i-UR 1.0)に対し修正・追加の意見があれば、このADEを修正・追加して、技術仕様案のバージョンアップを図っていくこととしています。


【担当・問合せ先】
  内閣府 地方創生推進事務局
三國、鈴木(03-6206-6174)

<添付資料1> テクニカルプレビューに関する技術的指摘等の募集結果について別ウインドウで開きます
<添付資料2> 「i-都市再生」の技術仕様案(i-UR 1.0)別ウインドウで開きます
<参考資料1> 「i-都市再生」の概要について別ウインドウで開きます
<参考資料2> 「i-都市再生の技術仕様案のテクニカルプレビューについて」記者発表資料

 

ページのTOPへ戻る