このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】第19回キラキラっとアートコンクール

イベント概要

イベント名
第19回キラキラっとアートコンクール
期間
2020/7/6(月)〜2021/2/24(水)
開催場所
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル1階マルキューブ他、当社グループが運営管理するビル・商業施設等(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・高松・福岡)
主催団体
三菱地所株式会社
URL
https://kira-art.jp

インタビュー

本事業に関して、お話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

1995年、ある障がいを持った方が描いた野鳥の絵を、当時、公益財団法人日本野鳥の会と当社で協同運営していた「丸の内さえずり館」で展示したことをきっかけに、以前より「障がいのある方の絵画作品をデータベース化し貸し出す事業」を行っていた社会福祉法人東京コロニーと当社で新たな企画を相談。「障がいのある子どもたちの才能と可能性を広げるお手伝いをしたい」という想いが一つになり、当事業がスタートしました。

―この事業の目的は何でしょうか。

障がいのある子どもたちの可能性の応援です。応募していただいた全作品はホームページで公開し、優秀賞受賞作品は作品展会場で多くの方にお楽しみいただきます。また、応募作品はこれまで様々な企業の冊子やカレンダーなどに使用されています。このコンクールをきっかけに、子どもたちが絵を描くことをますます好きになり、笑顔や自信をはぐくみ、才能や可能性が広がっていく、そんなコンクールでありたいと考えています。

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

2002年にスタートした当コンクールは今年19回目となります。前回は39都道府県より1,388作品の応募があり、全国の特別支援学校・養護学校を中心に夏の絵画作品づくりの目標となっておりますが、引き続きより多くの子どもたちが新たな才能を発揮できる舞台として、継続開催できればと考えております。また、全国9ヶ所で開催している優秀賞作品展についても、より多くの方にご鑑賞いただけるよう発信していきたいと思います。