令和4年3月8日(火)午前

更新日:令和4年3月8日 内閣官房長官記者会見
 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等15件、法律案、政令、人事が決定されました。大臣発言として、財務大臣から「沖縄復帰50周年を記念する貨幣の発行について」、西銘大臣から「沖縄復帰50周年記念式典の実施について」、外務大臣から「ロシア連邦及びベラルーシ共和国の関係者等に対する資産凍結等の措置等について」、それぞれ御発言があり、私(官房長官)から「沖縄復帰50周年記念式典の実施について」、「第208回国会(常会)における内閣提出予定法律案及び条約の閣議付議状況等について」、それぞれ申し上げました。
 本日の閣議で「沖縄復帰50周年記念式典の開催について」、閣議了解を行いました。本年5月15日、昭和47年の沖縄復帰から50年を迎えます。この重要な節目に、国民全体で沖縄復帰の歴史的意義を思い起こし、沖縄の歴史を振り返るとともに、沖縄の一層の発展を祈念することは重要と認識をしています。このため、5月15日(日)に、東京都と沖縄県において、政府と沖縄県の共催で、天皇皇后両陛下のオンラインによる御臨席の下、沖縄復帰50周年記念式典を開催することとします。総理については、国民全体で沖縄の歴史に思いを致すとともに、沖縄の魅力や可能性を国内外に発信するという本式典の開催趣旨等を踏まえ、沖縄会場に参列していただくこととし、その他の参列者については、主に沖縄在住の方は沖縄会場に、それ以外の方は東京会場にそれぞれ参列いただくなど、今後検討を進めていきます。また、本式典に関する事務を実施するため、私(官房長官)を本部長、沖縄担当大臣を本部長代行とする式典実施本部を立ち上げることとします。あわせて、内閣官房に沖縄復帰50周年記念式典準備室を立ち上げます。本式典が沖縄復帰50年の重要な節目にふさわしいものとなるよう、沖縄県とも連携して取り組んでまいります。沖縄復帰50周年に関しては、本日の閣議において、国家的事業として記念貨幣を発行することについても決定を行いました。金貨及び銀貨を発行することとしております。詳細については、それぞれ内閣府、内閣官房及び財務省にお問合せをください。私(官房長官)からは以上です。

関連リンク