令和4年4月25日(月)午前

更新日:令和4年4月25日 内閣官房長官記者会見
 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

北海道における観光船の事故について(磯﨑仁彦内閣官房副長官)

 おはようございます。それでは、冒頭、私(官房副長官)の方から、北海道における観光船の事故について申し上げたいと思います。23日午後1時13分頃、北海道斜里町知床岬西側を航行中の観光船「KAZU1」が浸水している旨の救助要請を海上保安庁が受けました。同船には、乗客24名、乗員2名の計26名が乗船をしておりましたけれども、現時点までに11名が救助されたものの、その全員の方の死亡が確認をされております。また、残る15名につきましては依然として行方不明との報告を受けております。なお、同船はいまだ発見されておりません。改めて、お亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を表するとともに、御家族の方々に心よりお悔やみを申し上げたいと思います。政府としましては、本件事案の発生を受けまして、総理から、人命救助を最優先に、あらゆる手段を尽くして救助に取り組むこととの指示がございました。23日午後5時半に官邸内に情報連絡室を設置をし、関連情報の集約を行うとともに、現場周辺海域におきましては海上保安庁の巡視船艇、航空機、北海道警察、北海道防災航空機のヘリコプター、自衛隊の航空機等が消防の救急隊、DMAT(災害派遣医療チーム)等と連携をしながら捜索救助活動を行っているところでございます。また、24日には国土交通省におきまして、北海道斜里町に現地対策本部を設置をし、国土交通大臣を派遣するなど、政府一体となって対応に全力を挙げているところでございます。引き続き行方不明者の捜索救助活動に全力を尽くしてまいりたい、そのように考えております。冒頭、私(官房副長官)の方からは以上でございます。

これまでの
内閣官房長官記者会見