令和4年6月14日(火)午前

更新日:令和4年6月14日 内閣官房長官記者会見
 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等27件、条約の公布、法律の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、国土交通大臣から、「2027年国際園芸博覧会の博覧会国際事務局に対する認定申請について」、野田大臣から・「『子供・若者白書』、『男女共同参画白書』及び『少子化社会対策白書』について」、若宮大臣から、「『高齢社会白書』、『障害者白書』及び『交通安全白書』について」、文部科学大臣及び小林大臣から、「令和3年度科学技術・イノベーション創出の振興に関する年次報告について」、それぞれ御発言がありました。

持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合について

 次に、本日、岸田総理を本部長とする持続可能な開発目標、いわゆるSDGs推進本部の第12回会合を開催しました。SDGsの認知は進んでいる一方、その達成に向けた取組を加速するためには、一人ひとりがSDGsを自分事と認識をし、行動変容を進めていく必要があります。こうした流れを受け、今般、政府は、過去5回実施してきたジャパンSDGsアワードの審査基準に「変革性」及び「連帯性と行動変容」という新規評価項目を追加し、本年度も実施することとなりました。また、来年のSDGs実施指針の改定に向けたプロセスとの関係で、総理から、民間の方々を含む幅広い関係者との連携を促進していく旨述べるとともに、関係閣僚に対し、SDGsの達成に向けた取組を強化するよう指示がありました。政府としては、来年の実施指針の改定に向け、様々な方々の御意見を伺っていきたいと思います。政府として、新しい資本主義の下、誰一人取り残さない持続可能な経済社会システムをつくり上げることで、(新型)コロナ(ウイルス)後の新たな経済社会の在り方を模索する国際社会を主導するとともに、SDGsの達成に向けて、引き続き全力で取り組んでいきます。私(官房長官)からは以上です。

関連リンク