令和4年10月28日(金)午前

更新日:令和4年10月28日 内閣官房長官記者会見

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等11件、政令、人事が決定されました。大臣発言として、総務大臣から「労働力調査結果について」、厚生労働大臣から「有効求人倍率について」、小倉大臣から「令和4年度『子供・若者育成支援推進強調月間』について」、外務大臣から「キルギス共和国における人道状況の悪化を受けた緊急無償資金協力について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、総務大臣から「『令和4年度テレワーク月間』の実施について」、河野大臣から「『令和4年度テレワーク月間』における国家公務員テレワークについて」、それぞれ御発言がありました。

鳥インフルエンザ関係閣僚会議について

 次に、岡山県において、鳥インフルエンザと考えられる家きんが確認されたことを踏まえ、政府としての対策を迅速かつ機動的に推進するため、本日、「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」を開催いたしました。
 既に、総理から、家きん業者に対し、厳重な警戒を要請するとともに、予防措置について適切な指導・支援を行うこと、現場の情報をしっかり収集すること、鳥インフルエンザと考えられる家きんが確認されたことから、農林水産省を始め関係各省が緊密に連携し、徹底した防疫措置を迅速に進めること、国民に対して正確な情報を迅速に伝えること、との指示があったところであります。これを踏まえ、政府一丸となって感染拡大の防止のために緊張感を持って万全の対応を採ることを確認しました。
 政府としては、鳥インフルエンザのまん延防止は危機管理上の重要な課題であるとの認識に立って、関係各省の緊密な連携の下、対応に万全を期してまいります。私(官房長官)からは以上です。

関連リンク