首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 旧官邸バーチャルツアー
[メニューページ]
[導入編] [1階北側編] [1階南側編] [2階正面階段編]
[2階西階段編] [装飾品編] [官邸の外側編] [官邸別館・その他編]
1階北側編
玄関ホール > 大ホール > 官邸の傷跡 > 要人を迎える
玄関ホール 〜アールデコと「ライト風」が詰まった玄関ホール〜
玄関ホール入り口
玄関ホール入り口
写真1 玄関ホール入り口 写真2 玄関ホ−ル 写真3 玄関真上の装飾
写真4 玄関ホールの天井の装飾    
 官邸の正面玄関を抜けると玄関ホールがありました。玄関ホールの中に入ると、アールデコ特有の幾何学的な曲線やジグザグ模様がモチーフとなった装飾が随所に見られ、非常に繊細で伸びやかな空間を創り出していました。
 官邸が竣工して、初めて下見に訪れた田中義一総理は、玄関を見回して、 「まるでカフェーのようじゃのう」と感嘆の声を発したといわれます。当時としては、大変「モダン」な建物だったようです。 
 できるだけ壁では仕切らず、装飾の雰囲気や、床や天井の高さを変えるなどして空間に変化を与えているところは、当時人気の建築家ライトの影響が強く出ていると思われます。官邸の設計者も、インタビューで、「内部の最もライト思想の濃いのは、玄関ホールあたりのインテリアですね」と語っていました。
 まさに、玄関ホールは昭和初期に流行した建築や芸術を凝縮した空間と言えるでしょう。

「大ホール」
次へ