首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 旧官邸バーチャルツアー
[メニューページ]
[導入編] [1階北側編] [1階南側編] [2階正面階段編]
[2階西階段編] [装飾品編] [官邸の外側編] [官邸別館・その他編]
1階南側編
大食堂 > 喫煙室 > 小食堂
大食堂 〜官邸の「食堂」は万能部屋・・・「大食堂」〜
大食堂
大食堂
写真1 大食堂 写真2 天使の彫像
 正面階段の脇の小さな階段を下りたところに、大食堂(おおしょくどう)、喫煙室、そして小食堂が並んでいました。
 大食堂は、各国首脳との会食や各種のレセプションなどに使われましたが、食堂といっても食事をする場合だけでなく、実際は、会議の場として毎日のように使われていました。「経済財政諮問会議」や「IT戦略本部」、「副大臣会議」や「事務次官等会議」などが代表的な例です。
 このような重要な会議に使われる部屋が、「大食堂」という日常的な名前で呼ばれていたのは、何か不思議な感じがします。
 歴史を辿ると、昭和31(1956)年には、国際連合加盟を祝う祝賀会が、そして平成5(1993)年の東京サミットでは、各国首脳を招いてのワーキングディナーもここで開かれました。
 官邸は、会議室が少ないため、大食堂も万能部屋として有効に使用されていました。
「喫煙室」
次へ