世界情報社会サミット・アジア地域会合における内閣総理大臣挨拶

平成15年1月14日

 世界情報社会サミット・アジア地域会合の開催に当たり、皆様を心より歓迎するとともに、一言御あいさつを申し上げます。

(ITの意義)

 この10年間、インターネットや携帯電話などの新しい技術が次々と開花し、地球規模で普及しました。その結果、情報は国境を越えて瞬時に移動し、だれでも居ながらにして外国のお店で買い物ができるなど、世界中の人々の生活やビジネスが大きく変わりました。

 情報技術は、遠く離れた人を身近にし、人と人とを結びつけ、新たなビジネスを興し、異文化を融合して新たな文化を創造し、人々の生活を豊かにします。

(ITの課題)

 私たちは、人類に限りない便益をもたらす情報社会を健全に発展させる責務を負っています。プライバシー保護や情報の安全性確保など情報社会の新たな課題を解決し、サイバーテロや人権侵害から社会を守らなければなりません。

 また、国と国、地域と地域、富める者と貧しい者、男と女、若者と高齢者、これらの間で情報社会から受ける恩恵に格差があってはなりません。

[次へ]

戻る