本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年2月26日産業競争力会議

  • 産業競争力会議であいさつする安倍総理1
  • 産業競争力会議であいさつする安倍総理2
産業競争力会議であいさつする安倍総理1 産業競争力会議であいさつする安倍総理2

 平成25年2月26日、安倍総理は総理大臣官邸で、第3回となる産業競争力会議を開催しました。

 本日の会議では、環太平洋経済パートナーシップ(TPP)協定について議論されました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

 「私は米国を訪問し、22日にオバマ大統領と日米首脳会談を行いました。首脳会談は、この3年間で著しく損なわれた日米の絆と信頼を取り戻し、緊密な日米同盟を完全に復活したと自信を持って宣言できるものでした。
 経済政策については、安倍内閣の「三本の矢」について説明し、オバマ大統領から、歓迎し、強いリーダーシップを期待しているとのお話もございました。日本経済の再生は、日米両国、さらには世界にとって有意義になるということを、その認識を共有したところです。
 TPPに関しては、その意義やそれぞれの国内事情を含め、じっくりと議論をし、そして共同声明を発出いたしました。
 私は選挙を通じ、「聖域なき関税撤廃」を前提とするのでTPPには参加しないと国民の皆様にお約束をし、そして今回のオバマ大統領との会談により、TPPでは「聖域なき関税撤廃」は前提ではないということが明確になりました。
 大統領との会談では、これ以外でも、私達が示してきた5つの判断基準についても、私から言及したところであります。
 日米首脳会談の成果を踏まえ、本日、皆様からご意見もいただき、参考にさせていただきながら、総理大臣として、国益にかなう最善の道を判断していきたいと考えています。
 本日は、皆様からの忌憚のない率直なご意見をたまわりたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.