本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年3月19日沖縄政策協議会

  • 沖縄政策協議会であいさつする安倍総理1
  • 沖縄政策協議会であいさつする安倍総理2
沖縄政策協議会であいさつする安倍総理1 沖縄政策協議会であいさつする安倍総理2

 平成25年3月19日、安倍総理は総理大臣官邸で、沖縄政策協議会に出席しました。

 本日の会議では、沖縄振興、基地負担の軽減等について議論されました。

 安倍総理は冒頭のあいさつの中で次のように述べました。

 「本日、仲井眞知事の出席をいただき、本内閣として初めて「沖縄政策協議会」を開催するにあたり、一言申し上げます。
 2月に訪問した際に申し上げたとおり、沖縄は、高い潜在力を持ち、21世紀の成長モデルとなって、日本経済活性化のけん引役となり得る地域であります。
 沖縄への投資は、未来への投資という思いとともに、引き続き、沖縄振興をしっかりと推進していく考えです。
 他方、いまなお、沖縄には多くの米軍専用施設などが所在し、県民の方々に大きなご負担をおかけしています。
 政府としては、抑止力を維持しつつ、沖縄の負担を軽減していくため、全力で取り組む所存でございます。
 ところで、来月28日に、「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を行うこととしていますが、実施に当たっては、沖縄、奄美、小笠原が戦後の一定期間、我が国の施政権の外に置かれたという苦難の歴史を忘れてはならないと思います。
 苦難を耐え抜かれた先人の心情に思いをいたし、沖縄を含めた、我が国の未来を切り拓いていく決意を新たにすることとしたいと思います。
 安倍内閣では、沖縄における様々な課題について、一つ一つ着実に進展させることができるよう、地元の御意見もよく伺いながら、政府を挙げてしっかり取り組んでいく考えです。
 引き続き、閣僚の皆様には、一層の取組みをお願いしたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.