本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年5月22日教育再生実行会議

  • 教育再生実行会議であいさつする安倍総理1
  • 教育再生実行会議であいさつする安倍総理2
教育再生実行会議であいさつする安倍総理1 教育再生実行会議であいさつする安倍総理2

 平成25年5月22日、安倍総理は総理大臣官邸で、第8回となる教育再生実行会議を開催しました。

 本日の会議では、これからの大学教育等の在り方に関する討議が行われました。

 安倍総理は、冒頭のあいさつで次のように述べました。

 「本日は、これからの大学教育等の在り方に関する提言の素案について御議論をいただきます。
 グローバル化が加速するなか、世界の国々は、海外の成長を取り込むべく、ダイナミックに舵を切っております。日本だけが内向きになっていては、成長の可能性はありません。
 先日、私は、教授陣も学生も世界中から集まる立命館アジア太平洋大学に伺い、グローバルな環境で学ぶ学生たちの声を直接お聞きしました。
 まさに、国家戦略として、経済再生を支える大学の質・量の充実を図り、「世界に勝てる」人材を育成する大学を拡大していくべきだと強く感じました。特に、トップクラスの大学は、「日本の大学」ではなく「世界の大学」になることを目指してほしいと感じました。
 このため、徹底した国際化を断行し、世界と競う大学を指定し、重点的に支援する必要があります。特に、国立の8大学では、今後3年間のうちに、人事給与システムの改革を進め、優秀な若手・外国人研究者のために、1500人程度の常勤ポストを提供してまいります。
 また、意欲と能力のある「すべて」の日本の若者の留学実現に向け、官民が協力をして、留学生の経済的負担を軽減するための新たな仕組みを創設いたします。
 このほか、産学連携によるイノベーションの創出や、社会人の学び直しニーズに応えること、そして、これらを進める基盤として、大学の経営の在り方を改革することが求められています。
 委員の皆様にお取りまとめいただく御提言については、成長戦略の柱として、その実現に内閣を挙げて取り組んでまいりますので、提言取りまとめに向け、本日もよろしくお願い申し上げます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.