本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年5月29日日・インド首脳会談、署名式・BLF報告書受領式、共同記者発表及び晩餐会

  • インドのシン首相と握手する安倍総理
  • 日・インド首脳会談
  • 共同声明署名式で文書交換する両首脳
  • 署名式に立ち会う両首脳
  • BLF報告書受領式
  • 共同記者発表に臨む両首脳1
  • 共同記者発表に臨む両首脳2
  • 晩餐会で挨拶する安倍総理
インドのシン首相と握手する安倍総理 日・インド首脳会談 共同声明署名式で文書交換する両首脳 署名式に立ち会う両首脳 BLF報告書受領式 共同記者発表に臨む両首脳1 共同記者発表に臨む両首脳2 晩餐会で挨拶する安倍総理

 平成25年5月29日、安倍総理は総理大臣官邸で、インドのマンモハン・シン首相と会談を行いました。

 会談後、共同声明 -国交樹立60周年を超えた日インド戦略的グローバル・パートナーシップの強化- に署名するとともに、ビジネス・リーダーズ・フォーラム(BLF)報告書受領式を行い、続いて、共同記者発表を行いました。

 その後、安倍総理はシン首相ご夫妻のほか、関係者を招いて晩餐会を開催し、あいさつの中で次のように述べました。

「シン首相、そして令夫人、やっとこうして、東京でご一緒できますことを、本当に嬉しく思います。
 首相は、世界の指導者の中では、最もシニアでおいでです。そして、ときどき、メンターのようにも感じられる方ですが、なおかつ、私にとっては、「自分の親愛なる友人だ」と、そう呼ばせていただける方であります。
 わたくしども、二人して、「日印戦略的グローバル・パートナーシップ」を始めました。2006年のことです。
 日本の総理として、前回デリーへお邪魔した折は、首相に大変、温かく迎えていただきました。あのとき、2007年の夏ですが、首相の友情は、ことのほかに身に沁みました。
 その次デリーへ行った2011年には、首相はちょうど、国連総会参加へ向けて、ニューヨークへお発ちになる直前でした。それなのに、わたしのために、予定を超過して、お話する機会をつくってくださり、たいへん有難かったのを覚えています。
 わたしは、首相から、自分で気づいている以上に、たくさんのことを学んだ気がいたしております。
 首相は、ご自身の足跡は、日々のヘッドラインなどではなく、唯一、歴史によって評価されると、お考えではないでしょうか。
 首相が、その代名詞ともいうべき沈着さでなさってきたように、わたしも、やらなくてはならないとと思っています。
 いまわたしは、日本の建て直しに、ひたすら打ち込んでおります。といいますのも、強い日本こそが、世界をよりよくするため、善をなすことができるからです。
 活力あってこそ、日本はインドと、もっと一緒に、いろいろなことができるからです。これまで度々申し上げてきましたとおり、強い日本は、インドにとって最も利益になり、その逆もまた、真なり、なのだと思います。
 わたしが、2007年にインド国会において、「ふたつの海の交わり」を話したのを、覚えておいででしょう。われわれの、広大な海洋を保全するのは、海洋民主主義国家の課題である、というのが、わたしの信念であります。
 西からインドが、そして東からは日本が、ふたつの、深い根をもつ民主主義国が出会ってできるまじわりは、すでにもう、21世紀のための、国際公共財の一環をなしています。アジアの平和と繁栄を確保することが、日本とインドの、重要な役割だと信じています。
 今度は、デリーで、また近くお会いできるのを楽しみにしています。そのときまでに、われわれのパートナーシップを、経済的にも、戦略的にも、「こんな前向きなことをして、強くしましたよ」と、ご報告できるのを楽しみにしています。
 年内に、天皇・皇后両陛下がインドをご訪問の予定です。これを機会に、両陛下のご健勝と、お国へのご旅行が、良い旅となりますことをお祈りし、また、われわれの日印の関係が、さらにいっそう豊かなものとなりますことを祈りまして、盃をあげたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.