本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年7月31日総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタール

  • 総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする安倍総理
  • 総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタール 乾杯
  • 大砂嵐関と握手する安倍総理
総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする安倍総理 総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタール 乾杯 大砂嵐関と握手する安倍総理

 平成25年7月31日、安倍総理は総理大臣官邸で、在京イスラム諸国外交団とのイフタールを開催しました。

 安倍総理は冒頭のあいさつの中で、次のように述べました。

 「寛容の精神をもって他者との調整を図っていくことは、イスラム文化と日本文化の共通点と言ってもいいと思います。
 昨年末の総理就任以来、中東や東南アジアのイスラム諸国への訪問を通じ、連綿と築かれてきた日本とイスラム諸国との絆を再確認致しました。また近いうちに、イスラム諸国を訪問したい、そして友情を深めていきたいと考えております。
 本日は、この中で唯一、日本の伝統の羽織袴で登場していただいた、大砂嵐関(おおすなあらしぜき)にもお越しいただいております。大砂嵐関は、イスラム圏出身初の関取として、日本の国技である相撲で、イスラムの教えを守り、ラマダン期間中は断食を続けながら、断食というのはお水も飲まないわけでありますから大変なんですが、見事に勝ち越されました。まさに日本とイスラム世界との架け橋と言ってもいいと思います。
 本日はイスラム各国の大使館より、お国自慢の食事も持ってきていただきました。
 本日のイフタールが、日本とイスラム世界との友好・協力関係をより一層発展させる良い機会となりますことを祈念致しまして、私のご挨拶とさせていただきたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.