本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年7月31日都道府県議会議長との懇談会

  • 都道府県議会議長との懇談会であいさつする安倍総理1
  • 都道府県議会議長との懇談会であいさつする安倍総理2
  • 都道府県議会議長との懇談会であいさつする安倍総理3
都道府県議会議長との懇談会であいさつする安倍総理1 都道府県議会議長との懇談会であいさつする安倍総理2 都道府県議会議長との懇談会であいさつする安倍総理3

 平成25年7月31日、安倍総理は総理大臣官邸で、「都道府県議会議長との懇談会」を開催しました。

 安倍総理は冒頭のあいさつの中で、次のように述べました。

 「安倍政権は、大胆な金融政策、そして機動的な財政政策、そして民間の投資を喚起する成長戦略、この「三本の矢」を一体的に進めていくことによって、日本の経済を再生していく。この方針の下に、この7か月間、政策を進めてきたところでございまして、今回の参議院選挙におきましても、私達が進めていく政策は間違っていない、こう訴え、かつ、この景気の回復の実感を、全国津々浦々まで、これからしっかりとお届けしていくことが私達の使命であると、こう申し上げてきたわけでございまして、おかげ様で、この選挙で国民の皆様の多くの信任を得ることが出来ました。
 今後は、選挙でお約束したとおり、全国津々浦々に至るまでしっかりと、この景気の回復の実感が届くように、頑張っていきたいと、このように思っているわけでありますし、何と言っても、やはり、地方が元気でなければ日本の活力は出てこないわけでございますので、まさに皆様方としっかりと連携をしながら、日本全体が活力を取り戻し、明るい方向に向かってしっかりと成長していく、そういう日本を作っていきたいと、こう考えている次第でございます。
 先に決定いたしました「日本再興戦略」や「骨太の方針」に位置付けた、「地域の元気創造プラン」などを着実に進めていくことによって、地域の活性化に、皆様と共に取り組んでいく考えであります。
 また、規制緩和や権限の委譲など、地方分権改革を着実に進めていく考えであります。地方公共団体の権限と責任が拡大していくことで、都道府県議会の果たす役割はますます重要になってまいります。地域の代表として、議長の皆様が強いリーダーシップを発揮していただくことを期待申し上げますと共に、国が進めていく諸施策へのご理解とご協力を、改めてお願い申し上げる次第でございます。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.