本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年9月20日産業競争力会議課題別会合

  • 産業競争力会議課題別会合であいさつする安倍総理1
  • 産業競争力会議課題別会合であいさつする安倍総理2
産業競争力会議課題別会合であいさつする安倍総理1 産業競争力会議課題別会合であいさつする安倍総理2

 平成25年9月20日、安倍総理は総理大臣官邸で、第1回となる産業競争力会議課題別会合を開催しました。

 本日の会議では、「農地中間管理機構(仮称)」及び「国家戦略特区」について議論されました。

 安倍総理は本日の議論を踏まえ、あいさつの中で次のように述べました。

 「農業の生産性を向上させ、成長産業にすることは、安倍政権の成長戦略の重要課題であります。真に競争力ある農業を実現するため、農地中間管理機構を、日本国中の意欲ある全ての関係者に開かれた仕組みにしていきたいと思います。
 こうした観点に立って提起された、本日の民間議員の御意見を的確に政策に反映させたいと思います。林農林水産大臣には反映方策を検討してもらい、菅官房長官の調整の下で、「農林水産業・地域の活力創造本部」で成案を得て、臨時国会に関連法案を提出いたします。
 国家戦略特区は規制改革の突破口であります。経済成長の起爆剤となる国家的なプロジェクトを実施するため、世界から注目されるような画期的な規制改革を緊急に実現しなければなりません。
 まずは、本日提起された規制改革提案について、下村文部科学大臣、田村厚生労働大臣を始め、関係大臣には実現する方向で対応策を検討してもらいたいと思います。新藤地域活性化担当大臣を中心に、甘利経済再生担当大臣、菅官房長官の協力も得て、関係大臣との調整を行い、臨時国会に提出する特区関連法案の中に具体的な規制改革成果を盛り込みたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.