本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年12月11日安全保障と防衛力に関する懇談会

  • あいさつする安倍総理1
  • あいさつする安倍総理2
あいさつする安倍総理1 あいさつする安倍総理2

 平成25年12月11日、安倍総理は総理大臣官邸で、第7回となる「安全保障と防衛力に関する懇談会」を開催しました。

 本日の会議では、政府側からの説明の後、意見交換が行われました。

 安倍総理は、あいさつの中で次のように述べました。

「本会議を本年9月に立ち上げて以来、有識者の皆様には、「国家安全保障戦略」及び新たな「防衛計画の大綱」について、精力的・集中的にご議論をいただき、大変多くの貴重なご意見を賜りました。まずもって、皆様に心から感謝申し上げたいと思います。
 安倍内閣では、発足以来、我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増している中、いかなる状況にあっても国民の生命と財産は断固として守り抜いていく。その決意のもと、安全保障政策の立て直しを図ってまいりました。
 その中核として、皆様とともに検討を積み重ねてきた「国家安全保障戦略」と新たな「防衛計画の大綱」は、今後の我が国の安全保障のありようを決定する歴史的な文書となると確信をしております。
 「国家安全保障戦略」は、国際協調主義に基づく積極的平和主義を具体化するものとして、基本的な理念と包括的な施策を盛り込んだ内容に仕上がりつつあります。さらに、防衛大綱では、我が国に脅威が及ぶことを事前に防止をし、脅威が及ぶ場合にはこれを排除するという明確な問題意識と確固たる意識の下で、将来にわたって自衛隊が求められる役割を十分に発揮できるよう必要な防衛態勢を強化していくことを明らかにいたします。
 政府では、党とも連携しつつ、政府内の調整を進め、最終的な取りまとめ作業を行っております。
 本日は、皆様から、さらなるご意見をいただき完成度の高いものに仕上げていきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.