本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年12月12日国と地方の協議の場

  • あいさつする安倍総理1
  • あいさつする安倍総理2
あいさつする安倍総理1 あいさつする安倍総理2

 平成25年12月12日、安倍総理は総理大臣官邸で、平成25年度第3回目となる「国と地方の協議の場」に出席しました。

 本日の会議では、「経済対策」、「平成26年度予算編成及び地方財政対策」、「地方分権改革の推進」について協議されました。

 安倍総理は冒頭のあいさつで、次のように述べました。

 「今回の「国と地方の協議の場」は、本年度第3回目の開催であります。地方に関わる重要な政策課題について、地方と連携して対処していくため、引き続き、この「国と地方の協議の場」を活用していきたいと思います。
 安倍内閣では、去る5日、「好循環実現のための経済対策」を取りまとめました。これは、デフレ脱却と経済再生に向けた道筋を確かなものとし、まさに「未来への投資」となるものであります。今後、補正予算と、現在編成している平成26年度予算によって、国と地方を通じた経済再生と財政健全化を同時に達成していく考えであります。景気回復の実感を全国津々浦々に届けて地元を元気にするため、皆様と力をあわせていきたいと思います。
 第一次安倍内閣で始めた第二次地方分権改革について、その残された課題である「国から地方への事務・権限の移譲等」を、私の内閣で着実に実現してまいります。このため、次期通常国会に第四次一括法案を提出いたします。今後も、地域の皆さまの声を聞きながら、地方分権改革を、新たな局面に向け、力強く進めてまいりたいと考えています。
 本日は、これらのテーマについて、地方の立場から忌憚のないご意見をいただき、協議の場を実り多いものとしていきたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.